みんなの企画部

2498

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

02広告・販促企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第3340号 【 贈当券 】手軽な“ギフト券”としてオフィス内で流通?

【企画公開日】2017 .4. 5.(水)

きょうのランチはどこで食べましたか?
ラーメン、定食? それともコンビニ弁当ですか?

コンビニの弁当も美味しくなりましたが、
やっぱり作りたてのお弁当はうまいですよね!

そこで、こんなサービスを考えてみました。
こんな券があると、オフィス内で流通しそう♪

▼【 贈当券 】

作りたてのお弁当を販売するお弁当屋さんが
「ギフト券」を作ります。

その「ギフト券」のバリエーションは以下になります。
(1)定番の「のり弁当」×3食分(チケット3枚)
(2)期間限定「旬のお弁当」1食分(チケット1枚)
(3)超贅沢「デラックスステーキ弁当」1食分(チケット1枚)

(1)の場合、自分用に3枚購入したとします。
3枚綴りで買うと割引されてお得感がありますが、
例えば、オフィス内で同僚に難しい仕事をお願いした時に、
「悪いなぁ、『のり弁』おごるからさぁ」と言って、
のり弁当のチケットを一枚渡します。

(2)の場合は、給料が入った直後のお金がある時に買っておき、
金欠になった時、チケットを使い「旬のお弁当」を堪能します。

(3)の場合は、お世話になっている先輩(上司)に
お誕生日のプレゼントとして、仲間内でお金を出し合って、
「お誕生日おめでとうございます!
 ささやかですが、私たちからのプレゼントです」
と言って渡します。

物や高価なプレゼントではないため渡しやすく、
受け取った本人もすぐ使えてプチ贅沢が味わえます。
(間柄は重要ですが・・・)

もちろん、使い方はすべて自由ですが、
毎日食べるお弁当や数百円から贈れるギフト券があれば、
いろいろな使い方ができ、楽しいですよね。
ゲームの景品にも使えます。

何かあれば、「じゃ、『旬のお弁当』一枚でどうだ?」と
仲間内の交渉にも使えます。

コンビニ弁当に押されがちの「作りたて弁当屋さん」も
こんなサービスを作って、販促してはいかがでしょう。
やっぱり出来立てはうまいです!

★アイデアコンセプト★『 流通しやすさ 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。