みんなの企画部

2421

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

02広告・販促企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第3234号 【 新車でタクろう! 】従来のような宣伝方法では響きません。

【企画公開日】2016 .10. 17.(月)

象印マホービンは最上位モデル商品で炊いたご飯を提供する「象印食堂」を
東京都渋谷区の表参道にオープンするそうです。(日経MJ 2016.10.17)
パナソニックも会席料理店と組み、ご飯の食べ比べができる場を設けたそうです。
(同記事)

メーカーの販促も面白くなってきましたね! こういう知恵を出し合い、
競い合うことで市場はより盛り上がると思います。

そこで、最近興味すらなくなってきた自動車について、
こんな販促を考えてみました。

▼【 新車でタクろう! 】

新型車を期間限定で「タクシー」として街中を走ってもらいます。
もちろん、通常のタクシーのように乗車できます。

自動車メーカーは、新型車の発表と同時に
「新型車タクシー」を街中に“投入(走らせます)”します。

高級SUVからハイブリット車、軽自動車まで。
バラエティに富んだタクシーが街中に溢れます。
これだけでも話題になりますよね。

車内にはテレビCMのほか、車内限定に動画も
タブレット端末で観賞することができます。

運よく「新型車タクシー」に乗れた乗客は、
限定キャンペーングッズを手に入れることができ、
友達に自慢することができます!

スポーツタイプの2シーター・クーぺは、
助手席に乗ることができ、
より臨場感が味わえます。

「新型車タクシー」を運転するドライバーは
メーカーが想定する顧客層に近い性別・年齢の方にお願いし、
乗客に聞かれたら答えられる新車情報も学びます。

おそらく法的な規制は色々あると思いますが、
それを乗り越えてこそ、消費者へのインパクトも大きくなります。

「軽自動車のタクシーなんて狭そう」
と思われるかもしれませんが、今の軽自動車は後部座席でも
本当に快適にできていますから、逆に訴求力が高いと思います。

自動車への興味すら薄らいでいる今、メーカー側から歩み寄り
日常の中に入り込んで「体験」できる販促が必要だと思います。

★アイデアコンセプト★『 入り込む販促 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。