みんなの企画部

2454

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

02広告・販促企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第3206号 【 季節またぎ販促 】「親孝行需要」から「クリスマス需要」へ。

【企画公開日】2016 .9. 2.(金)

パナソニックが敬老の日に合わせて、シニア向け掃除機の新製品を発売します。
親にプレゼントする「親孝行の需要」を狙っているそうです。

なるほど、そこを突いてきましたか!

私の親の世代は使える物は壊れるまで使いつづける人が多いので、
「買い替え需要」は期待できませんが、子供からのプレゼントなら
喜んで受け取ってくれますね。

そこで、もう一歩踏み込んだ販促を考えてみました。
これでおじいちゃんおばあちゃんは必ず受け取ります!

▼【 季節またぎ販促 】

敬老の日のこと。
息子家族が実家へプレゼントを持って行きました。

息子「お母さん、今までの掃除機では持ち運びが重いだろうから、
   新しい掃除機をプレゼントするよ」
お母さん「いいよ、まだこれ使えるし。もったいないわ」
息子「そんなこと言わずにこの掃除機は軽くて使いやすいから、
   『敬老の日』のプレゼントだから受け取ってよ」
お母さん「そうお・・・」
息子「それにさ、中古の掃除機をこれを買ったお店に持っていくと、
   チケットに交換してくれて、うちの子供たち(孫)の
   クリスマスプレゼント代にできるのよ」
お母さん「そうなの! じゃ、遠慮なくいただくわ」
息子「子供たち(孫)には内緒だけどね」

※チケットはクリスマスプレゼント代の10%(仮)です。

いかがでしょう、孫のためなら、
親も喜んで受け取ってくれそうじゃないですか。

生活に必要な物はすべて揃っている今、
販促は買い替え需要がメインになりますが、
スムーズに買い替えてくれるには一工夫が必要です。

相手の琴線に触れる言葉も用意して、
「親孝行需要」を開拓いたしましょう。

★アイデアコンセプト★『 季節を跨ぐ 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。