みんなの企画部

2421

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

02広告・販促企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , , ,

第3187号 【 「清涼」広告 】真夏の「窓口」にピッタリ!クレームも減るかも?

【企画公開日】2016 .7. 29.(金)

きょう、午前中に社用で各所を回りました。近場が多かったため、
炎天下の中、歩いて回りましたが、窓口に着いた時が困りました。。。

汗が吹き出て、吹き出て…。書類が汗で濡れないように
汗をハンドタオルで拭いながら、用事を済ませました。

そこで、一案思いつきました。ショッピングセンターやホームセンター、
家電量販店でも「窓口」がありますが、
こんなサービスでスポンサーを募ってはどうでしょう?

【 「清涼」広告 】

使うツールは、「デスクファン」。卓上の扇風機。
私は自宅とオフィスで愛用していますが、
これがなかなかの優れもので、十分な風量で涼しく、
しかも場所もとりません。

そのため、この「デスクファン」を窓口ごとに設置します。
そして、こんなPOPを付けておきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
涼しい風をお届けいたします♪
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

「デスクファン」の前には大きめのボタンがあり、
ボタンを押すとファンが回り、風を送ってくれます。
店内の冷房が効いた空気を送ってくれるから、なお、涼しいです!

このファンに「広告」を貼り付けます。いわゆるスポンサー。
※「デスクファン」費用を賄います。

ファンの中心部であったり、ボディの空いたスペースを
使って広告を貼り付けます。また、スイッチの大きめの
ボタンにも広告を貼り付けます。
暑くても来店してくださったお客様が扇風機で涼む。

涼しい風が届くと心も和みますよね。
これによりイライラ感が軽減され、
窓口クレームも減ったりするかも。

自治体などの窓口では、選挙投票日やお祭り、
振り込め詐欺への注意喚起などにも利用できます。

今の「デスクファン」はUSB製品が多いため、
万が一、電源コンセントが近くにない窓口でも
モバイルバッテリーで対応できます。

日本の夏は暑いですから、これから窓口の必需品に
なるかもしれませんね!

★アイデアコンセプト★『 暑さを逆手にとる 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。