みんなの企画部

2454

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

02広告・販促企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第3152号  【 高い商品が欲しくなる!?プレミアムサンプル 】最後にお試しなら、good job!

【企画公開日】2016 .6. 9.(木)

テレビ番組であるホームセンターが紹介されていました。
そのホームセンターではさまざまな商品がお試しできるのが特徴で、
トイレットペーパーもサンプルが一緒に陳列してあり、
お客さんが手触りを確認できるそうです。

店員さん「実は、サンプルを手にとって商品を比べると、
     みなさん、高い商品を買っていかれるんです」

トイレットペーパーも普通なら安い商品を手に取りそうですが、
手触りを比較すると「こっちの方が気持ちいい!」とわかり、
少し高くても高級なトイレットペーパーを買うそうです。

商売上手ですね! 確かに良さを知ってしまったら、
買いたくなるかも。少額の差なら高くても買います。

そこで、こんな販促を考えてみました。
最後に使ってもらうのがミソ!

▼【 高い商品が欲しくなる!?プレミアムサンプル 】

例えば、私が毎日使っている糸ようじ(デンタルフロス)。
毎日使うので、安めのデンタルフロスを使っています。

例えば、同じメーカーの商品で
A:100本入り500円
B:30本入り500円
の二つのデンタルフロスがあるとします。

通常、お徳用のAがよく売れると思いますが、
Aのパッケージの中にBを1本入れておきます。
そして、「最後にお試しください」としておきます。

するとどうでしょう?
Aを使っていても不満はないのですが、
いざワンランク上のBを使ってみたら、

「お〜、何て使いやすくて痛くないし、よく取れる!」

と体験できたら、次からBを買いたくなりますよね。

選ぶ基準として、今までは「価格」しかないから
安い方を選んでしまいますが、実際に使ってみて
比較したら少々の価格差なら、使いやすい方を
選びたくなります。特に毎日使う商品は。

例えば、綿棒も1本か数本の「高級サンプル」を
価格の安い商品に“混入”させておき、体験してもらいます。

箱テッシュも最後の数枚を高級テッシュにしておき、
使い終わった箱の底に、
ーーーーーーーーーーーーーー
肌触りを比べれば◯◯◯(高級テッシュの商品名)
ーーーーーーーーーーーーーー

できれば「最後にお試し」がベストですね。
他にも同じ仕掛けでワンランクアップの販促ができそうです。

安い商品しか売れないのは、
価格しか比較できない売り場だからですよ。

★アイデアコンセプト★『 いいものは体験して売れ! 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。