みんなの企画部

2498

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

02広告・販促企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第3129号 【 旅先からの贈り物 】「母の日」ご指定便。

【企画公開日】2016 .5. 9.(月)

ギリギリセーフでした。。。

昨日、外出先から帰宅してテレビを観ていたら、
「母の日」だということに気づきました。

慌てて近所のケーキ屋さんへ行き、ケーキを購入し帰宅。
その直後に妻が帰宅。(セーフ!)
予め用意してあったかのような顔をして、手渡しました。

さて、ありそうでなかった販促を思いつきました。
手土産を買って渡すのは当たり前ですが、こんな場所で
記念日に贈るサービスを訴求してはどうでしょう。

▼【 旅先からの贈り物 】

●観光地のお土産屋さんでこんなキャンペーンを打ちます。
ーーーーーーーーーーー
来月8日は「母の日」
大切なお母さんに「名産品」と「お花」を贈りませんか?
今なら「お花代」は無料です。
ーーーーーーーーーーー

●観光地から「母の日」のプレゼントを手配する発想は、
あまりなかったと思います。

「実家の母へ」
「離れて暮らす家族(妻)へ」

●また、「母の日」にサプライズで魚介類などの特産品を
自宅に届くようにして、家族(妻)を驚かせる!

●家族旅行で立ち寄った先で、こっそり手配しておくと、
なお、家族はびっくりしますよね♪

家族「お父さん、いつ注文したの!?」

●もちろん、「母の日」だけでなく「父の日」、
「誕生日」などの記念日でもOK!

●お土産屋さんも「手土産」にプラスして、
もう一品お土産が増えて客単価がアップします。
(おそらく手土産で買う品より高額になると思います)

●「母の日」のプレゼントに添えるお花は、
地元の生産者が育てたお花でいかがでしょう。

●贈られた方は、品より心が嬉しいですよね。
そのため、観光地から届くプレゼントは、
「事前に覚えていてくれた」ことが“証明”されます。

●「気遣い」を気づかせてくれるこんな販促はいかがでしょう。

●国内の観光地では高齢者の旅行者が多いので、
孫世代が喜ぶ食べ物が人気商品になるかもしれませんね。

★アイデアコンセプト★『 気づかせる販促 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。