みんなの企画部

2498

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

02広告・販促企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第3050号 【 手配り達人 】毛嫌いされない手渡し術。

【企画公開日】2016 .1. 8.(金)

(しまった・・・!)

もらっておけばよかった。。。
今朝、駅前でチラシの手配りをしていましたが、
なんとチラシと一緒にホッカイロも配っていました!

通り過ぎる時、気づきました。
日頃の行いが悪いせいでしょう・・・。(残念)

さて、そんな後悔を“逆手”にきょうはこんなアイデアをご紹介します。
せっかく粗品と一緒に配っているなら、こんな配り方はいかがでしょう。

▼【 手配り達人 】

●チラシと一緒に「粗品」を配布する場合。

《手配り達人 アイデアその1》遠くからでも見える!

手配りする人の体の前後にボードをぶら下げ、
「ホッカイロ配布しています」
と前からも後ろからも見えるようにPRします。

そう、サンドウィッチマン方式。
こうすれば歩きながらでも、遠くからでも見えて、
欲しい人は自分から近寄って来てくます。

《手配り達人 アイデアその2》とりあえず手に取ってくれる!

手配りをしている場所から少し離れた場所に箱を置き、
「不要の方はこの箱に入れてください」
と看板を置いておきます。

これにより、
「返してもいいなら、とりあえずもらっておこう」
という心理が働きます。しかし、通販の返品と一緒で
意外に返す人は少ないと予想しています。

《手配り達人 アイデアその3》敬遠しなくなる。

手配りしている人の足元に直径2m(仮)のシートを広げ、
シートには宣伝したい広告を載せます。
そして、手配りしている人はこの直径2m内で
配布行動を行います。

決して出ないとは言っていませんが、
この円状だけで動いていたら、端から見たら、
「これ以上近づいてこない」と勝手に思ってくれます。

実際、配布している人を見かけると、
多くの通行人が遠巻きに歩いて敬遠しているので、
あえてエリアを決めて配布行動をすることで
近くを通ってくれる可能性があります。

また、2mのシートは宣伝にもなりますよね!

●チラシだけ配布してもらってくれないと嘆くのは
都合が良すぎますが、結構いい粗品を配布しているなら、
ぜひ、こんなPR方法で手配りしてみてはいかがでしょう。

※ただし、手配りする際は規則は守りましょう。

★アイデアコンセプト★『 毛嫌いされない方法 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。