みんなの企画部

2421

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

02広告・販促企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第3007号 【 新製品はコインランドリーで! 】コインランドリーが人気だそうです。

【企画公開日】2015 .10. 22.(木)

厚生労働省の調査によると2013年度の全国のコインランドリー数は1万6693軒。
2005年は1万3746軒でしたので、10年弱で1.2倍になっていて、
全国でコインランドリーが増えているそうです。

どの家庭にも一台は洗濯機があると思いますが・・・?
(正直、衰退産業だと思っていました…)

理由は、夜間の洗濯が禁止されている賃貸やタワーマンションが増えたり、
花粉症やアレルギーなどで寝具やカーテンを頻繁に洗いたいニーズがあったり。

今までコインランドリーは使ったことがありませんでしたが、
ちょっと使いたくなりました。雨の日にも便利ですよね。

そこで、コインランドリーの活用方法として、
こんなアイデアはいかがでしょう。設備はバッチリです。

▼【 新製品はコインランドリーで! 】

●高額で、なおかつ滅多に買い換えない大型家電は、できればお試しで
使いたいですよね。家電量販店では触ったり、説明を聞くことはできますが、
実際に使うことはできません。

●そこで、コインランドリーで「最新式の洗濯機」が
お試しで使えるというイベントはいかがでしょう。

●コインランドリーなら水道も電気も排水も問題なく、
しかも洗濯物を持って来る人ばかりなので、
シチュエーションとしてはバッチリです!

●「お試し」なので、利用料金は無料ですが、
コインランドリーのオーナーにはイベント開催期間の
場所代が支払われます。

●また、メーカーが「最新型洗濯機が無料で使えます!」と、
ネットや折込チラシ、タウン誌などで告知してくれたら、
なおさら、コインランドリーの宣伝になります。

●コインランドリーを利用したことがない新規層へのアピールは、
利用客増に期待大で、オーナーにとっても嬉しいこと。
私のように意外に便利さを知らない人も多いと思います。

●新製品の洗濯機の周りには、商品説明のPOPのほか、
モニターを使ってCMや解説動画を流したら、
洗濯が終わるのを待つ利用者へ強くアピールできます。

●「最新式の洗濯機といえばコインランドリー」とイメージできたら、
もっとユニークなマーケティングができそうです。

★アイデアコンセプト★『 利用シーンに入り込む 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。