みんなの企画部

2586

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

02広告・販促企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2881号 【 アドマッチ傘 】晴れた日にリセット(回収)します!

【企画公開日】2015 .4. 10.(金)

今朝、銀行へ行った時のこと。行内に傘が置いてありました。
「ご自由にお使いください」と書かれています。
そとは雨が降りはじめており、傘がない人には助かります。

しかし、小さく「次回お越しに際にご返却ください」と。。。
そりゃそうだけど、返却が面倒だからわざわざ借りていかないよね…。

そこで、雨の日にちなんでこんなアイデアはいかがでしょう。
晴れた日が“リセット”の日です。

▼【 アドマッチ傘 】

●例えば、駅。

●大きめの傘スタンドには、たくさんの傘が差さっています。
その傘スタンドにはこう書かれています。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
 ご自由にお使いください。
 返却も不要です。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

●利用者は、傘がない人でも、
傘があっても自分の傘を濡らしたくない人が使います。

●利用者はその傘(アドマッチ傘)を差し、訪問先の企業や店舗、
カフェなどに行きます。そして、帰りも雨なら再び傘を差し、
駅に戻り、傘スタンドに返却します。

●もし、雨が止んでいて傘が不要の場合は、行き先の会社や店舗の
傘スタンドに入れてままでOKです。つまり、「放置OK」です。

えっ、放置のままでいいの?
いいんです!

●理由は、晴れの日に宅配業者さんがアドマッチ傘を回収し、
指定の場所(例:駅)に返却してくれるから。
晴れの日を回収日に設定し、傘の流通がリセットされる仕組み。

●アドマッチ傘は、名前の通り「広告傘」でスポンサー企業の
広告が付いています。利用者は、広告付きの傘を差して歩いてくれます。

●傘をリセットする際、宅配業者はアドマッチ傘に付いたバーコードを
リーダーで読み込んでから指定の場所に返却します。

●これにより傘の移動状況が広告主にわかり、
1移動=10円(仮)の広告費を請求することができます。
※移動がない場合は、基本料金のみ

●駅に傘が置いてあるだけでも広告になりますが、
あちこち移動すればするほど露出度も高くなります。

●企業や店舗の多くは、数日のうち1回は宅配業者が出入りしており、
傘スタンドは出入り口に置いてあります。
そのため、集配や配送に出かけた際に、傘スタンドを見て、
アドマッチ傘があればついでに回収します。

●これなら、利用者は使いっぱなしができ、使いたくなって、
傘の流通が活発になります。広告主も露出度がUPする方が喜びます。

●ビルや店舗の出入り口にある傘スタンドには、
放置された傘がたくさん差さっており、見た目も悪く、
差したくても差せない場合があります。
こんな放置傘の対策にもなります。

★アイデア軸★『 “放置”もビジネスチャンス! 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議