みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

02広告・販促企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2877号 【 「晴れ着」の販促アイデア 】“下手な言い訳”が必要?

【企画公開日】2015 .4. 6.(月)

「服買わないと!」と嬉しそうに、かつ、私に訴えるように言う妻。
長男の卒業式を控えて新しい服を購入しました。さて、あすは長男の入学式。
すでに新しい服は購入済みか???(何も聞いていませんが・・・)

滅多に着ない「晴れ着」。家計のことを考えると、買うより借りる方が
安上がりのように思えますが、やっぱり買う方が楽しいですよね!

そこで、「晴れ着」について、いろいろ販促アイデアを考えてみました。

▼【 「晴れ着」の販促アイデア 】

《アイデア その1》晴れ着を買って、普段着も買う?
「特別な日」の対極を考えると「日常」ですよね。
「晴れ着」なら「普段着」。

そこで、「晴れ着」を買ったら購入金額の半額分のクーポン券が
もらえるなら、喜んで「晴れ着」を買いたくなります。
「晴れ着」を買ってワクワク。
「普段着」も安く買えて、さらにワクワク。

もし、妻が「晴れ着」を買う場合、

夫「滅多に着ないなら、借りたら?」
妻「何言っているの!? あの服(晴れ着)を買ったら、
  普段着る服が安く買えるのよ!」

と“反論”できます。まぁ、結局、出費は増えるのですが。。。(汗)
買う側の“大義名分”は必要です。

《アイデア その2》古い「晴れ着」は下取り&リメイク
古い(流行遅れ)とはいえ、以前着た「晴れ着」が洋服タンスにあると、
購入をためらう方もいるのでは?

そこで、以前の「晴れ着」を下取りに出して、
新しい「晴れ着」を買う仕組みはいかがでしょう。
あるいは、下取りでは二束三文にしかならないなら、
新規購入した方には、以前着た「晴れ着のリメイク券」を差し上げます。
リメイクして、普段着れる服に変身させます。

これなら、
妻「普段着る服を新しく購入しなくても済むでしょ?」
と夫に“ゴリ押し”できます。

《アイデア その3》プロのコーディネータが着こなし提案
新しい服を購入したら、古い服を持っていくと、
「古さ」を感じさせない着こなしを提案してくれます。

その方に付き添い、店内にある服やアクセサリーを使って、
予算内でコーディネートしてくれます。
ちょっとしたモデル気分が味わえます。

この企画は、繁忙期が終わって店内が落ち着いた時期に
「招待」して、モデル気分が味わえるイベントとします。

●人間には合理的な説明のつかない欲望があり、欲しいと思ったら、
“下手な言い訳”を考えながら、何としてでも買いたくなります。

●そんな「助け船」的な販促アイデアを考えたら、
きっと喜んでお店に来てくれるでしょう。

●「買う理由を作ってくれる」お店は、繁盛店間違いなし!?

★アイデア軸★『 品と理由はセット販売 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議