みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

02広告・販促企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第2804号 【 工事箇所の看板戦略 】この時こそ、お試しチャンス!

【企画公開日】2014 .12. 5.(金)

今も昔も年末・年度末は、道路工事が多いですね。。。
片側車線の箇所が増えて、思わぬ渋滞に巻き込まれることがあります。

しかし、道路工事区間の飲食店はたまったものではありません。
せっかくの書き入れ時に店の前が工事中では・・・。

工事区間では「○○店は営業中です」という地味な看板を見かけますが、
これではよほどの常連さんしか入る気がしません。

そこで、こんなサービスを用意してはいかがでしょう。
保守的な店主も効果があれば、その後も導入するかも?

▼【 工事箇所の看板戦略 】

●道路工事の区間に店舗があり、通常時より入店が困難と判断された場合は、
工事期間中は電子看板を無料で貸し出してくれるサービス。

●電子看板で映す出す情報(コンテンツ)は、
(A)文字&店舗写真がベースの定番
(B)(A)+商品写真が5点までスライド表示される
(C)(B)+動画付き
の3コースから選択。

(A)コースの場合は、料金無料。
(B)コースと(C)は、内容に応じて追加料金が発生します。
※ただし、通常業者に依頼するより格安料金

●年末の書き入れ時に店舗前で工事が始まり、売上減を覚悟したが、
インパクトのある電子看板のおかげで、かえって客足が伸びた、
なんてことになったら、嬉しいですよね!

●長年、同じ場所で店舗経営をしていると営業が惰性になり、
新しいことに挑戦することが少なくなります。

●しかし、こんなマイナスな機会こそ逆手にとり、
最新の電子看板をお試しで使ってみるサービスはいかがでしょう。
このサービスは電子看板業者がサポートします。

●いつもそのお店の前の道路を通っている方も
改めて看板をみて店舗に気づく人もいるだろうし、
気になってはいたけど入りづらかった方もいるでしょう。

ひょっとしたら、看板が新しくなったため、店舗も新しくなったと
思う人も出てくるかもしれません。

●工事が終われば、その電子看板も撤去されますが、
その後も利用したい場合は、電子看板を買い取るか、
さらにお試し期間として有料で借ります。

●電子看板を貸し出しも通常の看板と違い、
コンテンツを変えるだけなので、貸し出しやすいです。

★アイデア軸★『 危機はチャンス 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議