みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

02広告・販促企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第2689号 【 ネット通販「ついで買い」新手法 】手渡し時がポイント。

【企画公開日】2014 .6. 12.(木)

「ちょっと気味が悪い…」
あるWebサイトを見た後、そのWebサイトの広告が他のサイトまで
“追っかけてくる”機能がありますが、個人的な意見ですが、
正直、気味が悪いです…。(おちおちWebサイトを見とれんじゃん!)

ネットの世界ではどんどん技術が進歩し、そのうち、頭で欲しいな、
と考えただけで商品が届く時代がくるんじゃないかと怖くなります。。。

さて、そうはいいつつ、こんなサービスを考えてみました。
「家電を注文したけど、一緒にシャンプーをついでに注文しました」

▼【 ネット通販「ついで買い」新手法 】

●例えば、家電量販店のサイトで、調理家電(5,000円)を注文したとします。
注文確認画面にて注文した商品と一緒に、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今話題のシャンプーが、通常店頭価格500円を
300円(仮)でお試し買いできます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●5,000円の調理家電に比べたら300円は
とても安く感じます。そのため、
客「いいね〜! ついでに買ってみましょう」
と、一緒に注文します。

●さて、この「シャンプー」ですが、家電量販店のサイトで注文したのですが、
商品在庫は家電量販店にはありません。商品は、宅配業者の配送センターにあります。
では、どのようにこの「シャンプー」が消費者の元に届くのか?

《商品お届けの仕組み》
(1)家電量販店が調理家電を梱包し、発送伝票を箱に貼ります
(2)この発送伝票には、あるマークが付いています。
(3)商品が宅配業者の配送センターに届き、消費者の元にドライバーが届ける際、
   マークが付いていたら「シャンプー」を一緒に手渡しします。

この仕組みですが、一見面倒に感じますが、いくつかのメリットがあります。

《メリット》
(1)家電量販店は、「シャンプー」の在庫を抱えなくて済み、客単価がUPします。
(2)家電量販店は、「シャンプー」の仕入れ代金は要らず、
   配送料のみ宅配業者に支払います。
  (逆に300円の売り上げが配送コストを押し下げます)
(3)「シャンプー」のメーカーは、販促イベントや大量の広告費を使わなくても
   多方面のWebサイトで新商品の強力なPR(販売)ができます。
   また、取引先が宅配業者の一社になるので管理も楽になります。
   ※提供商品の有料・無料は商品によります。
(4)宅配業者にとっては、競合他社より優位な条件をネット通販側に提案でき、
   取り扱い件数を増やすことができます。

●実は商品を手渡すことで、新商品の商品アンケートも同梱することもできます。

●ネット通販の普及で、実店舗へ行く回数が減っている人も多いと思います。
店頭での販促も大事ですが、ネット利用者へのアプローチも不可欠です。

●小額の「日用品」のついで買いは、実店舗では簡単にできますが、
もし、ネット上で行うなら、こんな手法はいかがでしょう。

★企画の一番搾り★『 三者連合 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議