みんなの企画部

2546

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

02広告・販促企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2627号 【 親おもいカード 】配送料無料だけでなく。

【企画公開日】2014 .3. 12.(水)

今朝、クロネコさんの馴染みのドライバーさんが我が社に来ました。

クロネコ「日経の記事を見られました?」
私「はい」
クロネコ「すみませんが…」
私「仕方がないですよ、手間がかかることですから」

法人向け宅配料金が値上げされる件です。通販業をしている我が社にとっては
決していい話ではありませんが、これだけ便利になったのですから仕方がないですね…。

さて、きょうは「送料」について考えてみました。
実際「送料」ってわずかな金額ですが、買い物をする際には、
心理的なネックになります。そこで、こんなサービスを導入しては
いかがでしょう。実は、このサービスには“もう一つの狙い”があります。

▼【 親おもいカード 】

●例えば、妻があるスーパーで日常的に買い物をするとします。
そのスーパーでは、買い物をするとポイントが貯まるサービスがあり、
日常的に買い物をするのでポイントがどんどん貯まります。

●そのスーパーでは店頭販売の他にネットスーパーも運営しており、
その貯まったポイントを同居していない両親が宅配サービスを利用する際の
「宅配料」として使えるという仕組みはいかがでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 子(妻)が買い物をして貯まったポイントで
 親が宅配料無料でネットスーパーが利用できる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●一定の金額以上を注文すると「宅配料」が無料になるサービスが主流ですが、
このサービスの場合、回数制限は設けますが、商品一点から無料になります。

●こうすることで心理的にも注文がしやすくなりますよね。
結局、注文となるといろいろ頼んでしまいますが、
3000円以上や5000円以上は少しハードルが高いですから。。。

●さて、このサービスには、もう一つ大きな狙いがあります。
それは、子から親へ「ネットスーパー」を薦めてもらうことです。

子「お母さん、お米とか、お父さんが飲むビールとか、
  スーパーで買って運ぶの大変でしょう。
  今、自宅まで届けてくれるサービスがあるから、
  重い物や大きい物だけでも注文してみない?」

●子供世代(中年世代)までは、パソコンやスマホで情報が得られますが、
親世代(高齢者)は、情報弱者の方も多いです。

●そのため、子供世代(中年世代)を介してサービス情報を伝えてもらうために、
このサービスの仕組みを活用します。1世帯のこども夫婦には2世帯の高齢者世帯の場合もあり、
情報伝達も2倍になる可能性も!?

●高齢者サービスを立ち上げてみたが、販促方法に行き詰まり、
事業が軌道に乗らないケースも少なくないようです。

●一般的には、テレビや新聞、折り込みチラシなどの従来の媒体を使うことが多いですが、
こども夫婦にアピールして、親世代に情報を伝えてもらう(薦めてもらう)という方法は
いかがでしょう。

●ポイントを利用したらポイント所有者(子供)に通知が届くサービスを付加したら、
見守りサービスのようで、利用者も増えるかもしれません。
遠く離れて暮らす両親のことが心配でない子はいませんから。

★企画の一番搾り★『 ポイントシェアで利用者倍増 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。