みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

02広告・販促企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

第2480号 物置収納アドバイザー ~ 買う動機を掘り起こす ~

【企画公開日】2013 .7. 18.(木)

ホームセンターでよく見かける「物置」の展示売り場。
店舗敷地内に広くスペースを取っているホームセンターも多いのですが、
お客さんが見学している場面はほとんど見かけません。

「買いたいと思った方が見に来ればいい」というスタンスならいいですが、
もう少し攻めの販促をしてみませんか?

そこで、物置の物販にプラスして「ソフトサービス」を
加えてみました。いかがでしょう。物置が欲しくなりませんか?

▼『物置収納アドバイザー』

●物置を販売しているスペースにこんな縦看板を設置します。
————————————————–
収納に困っている人も困っていない人にも知って欲しい!

        ★屋外物置の活用術★

1.屋外物置に収納すべき物、収納すべきでない物を
  ご存知ですか? 屋内の押入れをスッキリさせて、
  便利で快適な生活をしてみませんか?

2.屋外物置に入れておいても劣化しない収納方法を
  ご存知ですか? ホコリやカビ対策もアドバイス
  いたします。

3.屋外物置を「MY防災備蓄庫」として活用する方法
  万が一、とっさに家を飛び出しても大丈夫。

★当店で「物置」をご購入の方には、専任アドバイザーが
ご自宅へ伺い、収納のアドバイスをさせていただきます。 
————————————————–
※看板の隣には、事例集をたくさん写真入りで紹介します。

●自宅の押入れ(収納)がいっぱいになったから、
仕方なく、庭に物置を置くのではなく、
屋内・屋外の収納を上手に活用する提案をすることで、
多くの方が潜在的に抱えている収納に関する不満を引き出し、
購入機会へつなげます。

●特に、多くの方が関心を持っている「防災」に関しては、
より興味を持ってくれると思います。

●「MY防災備蓄庫」として物置を設置するなら、
設置場所も重要ですね。地震で物が落ちてきて、
つぶれてしまうような場所では意味がありません。

●物置はメーカー品がほとんどで、どこのホームセンターで
買っても品はかわりません。そのため、価格勝負になり勝ちですが、
単価が大きいだけに、“無人販売”のような売り方ではなく、
もっと積極的に提案販売をしてはいかがでしょう。

●家の中の収納に空き(隙間)ができたら、
何か埋めたくなる(欲しくなる)のが人間の習性です♪
さらなる需要が掘り起こせるかも?

       ***企画の一番搾り***

   『 見えない不満を掘り起こす 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議