みんなの企画部

2545

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

02広告・販促企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2324号 みんなのクリスマスプレゼント ~ 子どもだけのイベントではもったいない! ~

【企画公開日】2012 .11. 16.(金)

今朝の日経新聞の中に、某おもちゃ屋さんのクリスマスプレゼント用カタログが
折り込まれていました。パラパラとめくってみましたが、
「(うちの子たちにも)こんな時期があったなぁ、懐かしいなぁ」と。

もう年の瀬か…。今年もあと少し、がんばろ!
「終わりよければすべてよし!!」

さて、クリスマスイベントとして、こんな企画はいかがでしょう。
みんなが幸せな気分になれるといいなぁ~。

▼『みんなのクリスマスプレゼント』

●専門店が入っている大型ショッピングセンターの企画。

例えば、夫が妻にプレゼントを贈ろうと思った時、
何を贈ったらいいかわかりません。

●そこで、妻が気に入りそうな店舗を回り、
店頭においてある「一枚カタログ」を集めます。

店頭には、各店がおススメする「クリスマスプレゼント」が
A4一枚に収録されており、自由に持ち帰ることができるように
なっています。

●集めた「一枚カタログ」をサービスセンターの一角も設けた
「カタログ工房」で一冊のカタログに製本します。

厚紙の表紙には、日頃の感謝の気持ちをこめて、
メッセージを書き込みます。

●そして、「プレゼント資金」として商品券をつけます。
商品券は、3000円、5000円、10000円があり、
予算に応じて購入します。

●これで、完了!

●いかがですか? これなら妻だけでなく、両親や友人のほか、
日頃お世話になっている方にもプレゼントが贈れますね。

●そのカタログ自体もプレゼントとして喜ばれそうです。
メッセージだけでなく思い出写真を載せたり、生の声を録音できたりしたら、
もっとプレミアム感が高まるかも!?

●クリスマスだから、いつもより多少“くさい演出”でも、OK、OK!

       ***企画の一番搾り***

      『 カスタマイズ 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。