みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

02広告・販促企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第2253号  サンシェード・ライツ ~ 信号待ちが楽しくなる? ~

【企画公開日】2012 .8. 1.(水)

暑い…。観測地点では37度や38度と報道されていますが、
ビルの谷間の路上では、軽く40度は越えていると思います。

歩道で信号待ちをしていると、無意識に信号機や歩行者信号の
鉄柱のわずかな影に隠れてしまいます…。

さて、名古屋市には、歩道橋を対象にネーミングライツパートナー制度が
あります。民間の資金を活用して道路施設の持続可能な維持管理を行うことが
目的ですが、なかなか面白いアイデアですね。

そこで、夏季限定でこんなアイデアはいかがでしょう。
あると下に入りたくなります。

▼『サンシェード・ライツ』

●信号機や歩行者信号の鉄柱に傘やテントのようなサンシェードを設置して、
交差点の一部に日陰を作ってはどうでしょう。
ちょうど信号待つをする箇所がいいですね。

●信号待ちの間に日射病や熱中症になったという話は聞きませんが、
交差点で待っている時間でも日陰に入りたいですよね。

この暑さはタダモノではありません。。。

●設置には、もちろん税金は使わず、名古屋市の歩道橋と一緒で、
民間の資金を活用します。「サンシェード・ライツ」

●設置したサンシェードには、正面左右など、どこから見ても
企業名(商品名)が見えるようにします。

なおかつ、日陰に入るとその内側にも広告が!
「おっ、日陰がある」と思って入った“傘”の下から上を望むと、
—————————————————-
「涼しい部屋で特製シロップののったカキ氷はいかが?
         交差点角の『カフェ・ウィッテム』
—————————————————-

●サンシェードもいろいろな造形タイプがあるとユニークですよね。
「街にアート」が広がって、賑やかしくもなります。

●さらに、せっかくなら日光を逆に活用して、セロハンなどを使って、
地面(歩道)に文字や絵が浮き上がるようにしたら、
なおインパクトがありそう♪

●暑すぎてイライラしがちですが、
ちょっとクスッとできたら、信号待ちも悪くないかも。

       ***企画の一番搾り***

      『 笑顔をつくろう 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議