みんなの企画部

2546

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

02広告・販促企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第2182号 チラシDEおみくじ ~ アナログなおみくじが面白い ~

【企画公開日】2012 .4. 18.(水)

週末、朝食後にコーヒーを飲みながら、新聞の折込広告を見るのが
好きです。(なんとも“優雅”な時間に感じるのは私だけかも?)

食品スーパーのチラシを見ながら、思いついたアイデアを
今日はご紹介します。整然と商品が並んだチラシのデザインが
ヒントになりました。

▼『チラシDEおみくじ』

(1)折込チラシを商品のサイズにあわせて裁断します。
(2)そして、商品の載った紙片を箱に入れます。
(3)箱には、手が入る程度の穴が開いています。
(4)この箱をレジの横に置き、セット完了です!

●後は、お客様が買い物をしてレジに並び、店員さんが
カゴに入った商品のバーコードを読み取っている間に、

店員「どうぞ、『おみくじ』を1枚引いてください」

とレジ待ちのお客様に勧め、

店員「引いた『おみくじ』の商品が、
   本日のお買い物商品にございましたら、
   その商品は無料とさせていただきます」

●賞品金額こそたいした額ではありませんが、昔ながらの手を箱に入れて
引くおみくじだからこそ、ドキドキしますよね。
もし、自分が買った商品の『おみくじ』を引いたら、

客「ヤッター!」

と叫んでしまいそう♪

●お客様の多くは、折込チラシ(特売品)を見て買い物に来れれるので、
当たる確率もそれほど低くなく、また、高すぎることもないと思います。

●万が一、不正がないように『おみくじ』には、店舗印を押しておけばOK。
チラシは余分に印刷していますので、そのチラシの再利用にもなります。

●『おみくじ』の数は限定にしておき、夕方の混雑前になくなるくらいが
ちょうど良さそうです。

●また、『おみくじ』を実施する週は、『おみくじ』にできる仕様に
最初からチラシをデザインし、折込すれば、より集客が見込めるかもしれません。

客「あっ、きょうは『おみくじ』の日ね」

●費用はあまりかからず、なおかつ、すぐに出来そうなので、
もし、面白イベント好きな店長がいたら、やってみてください♪

       ***企画の一番搾り***

     『 日常にドキドキを 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。