みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

02広告・販促企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第1919号 実力主義広告 ~注目度を高めると、他の広告にもメリット~

【企画公開日】2011 .3. 2.(水)

時々、広告代理店から「新聞広告」の掲載について連絡があります。
聞くと、恐ろしいほどの低価格。(以前では考えられません)

不況の影響もあると思いますが、新聞広告はレスポンスがよくないから、
需要がなくなるのは市場原理として仕方がないでしょうね。。。

そこで、こんな企画を考えてみました。
やっぱり広告は注目を集めないと意味がありませんから。

「損して得をとる」です。

▼『実力主義広告』

●新聞の紙面上に1ページに1枠、フリースペースを設けます。

フリースペースと言っても自由に掲載できるわけではありません。
サイズとテーマに応じて「PR広告」を募集して優秀作品が掲載されます。

●例えば、

◎サイズは【60mm×100mm】、
◎テーマは【「誰の役に立っているか」環境編】

で一般募集をします。
中小企業からNPOなど、広く募集します。

●そこで集まった「PR広告」を審査し、優秀作品を新聞広告として、
紙面に掲載します。もちろん、広告費は無料。

まさに、実力主義広告。

●通常、広告は広告会社が制作しますが、広告会社が制作すると、
良くも悪くも「広告らしい広告」なんですね。
また、クライアントもなぜか「広告らしい広告」を好む。

だから、広告って、面白くなくなっていくんです。

●今回の企画も広告会社が制作する広告も多くなると思いますが、
金銭的なしがらみがない分、自由な発想で制作ができ、
面白い広告が創作されるかもしれません。

逆に素人っぽい広告がメッセージがストレートで面白い場合もあります。

●紙面に一つ、面白い発想の広告があると注目度も高まりますね。
ページをめくる楽しみも生まれます。

「無料だなんて、他の、お金を払って掲載している広告主に失礼だ」

というご意見もあると思いますが、逆に読者の紙面への注目度が
高まるので、「通常広告」へのレスポンスも高まる可能性があります。

●特別、掲載場所を特定しなければ読者も探すため、紙面を隅々まで
見ることも予想されます。(宝探しのようです)

●審査方法などの透明性は必要ですが、ネット業界では、
ユーザーによる投稿でサービスが作り上げられている面も多いので、
こういう企画も受け入れられると思います。

●「著名な経営者が惚れた広告」という企画もあるとより盛り上がりそう。
ベンチャーにチャンスを与えるという面でも面白いと思います。

   ***企画の一番搾り***

    『 下克上企画 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議