みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

02広告・販促企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , , , ,

第1873号 不愉快にさせないDM封筒 ~コンビニが封筒メーカー?~

【企画公開日】2010 .12. 14.(火)

年賀状を作りましたか?

我が家の年賀状は、毎年私が制作するのですが、いつもギリギリ。
昨日も妻からの“プレッシャー”で焦っております。。。

今はコンビニでも年賀状が買えたり、作れますので便利ですね。
「コンビニ」と「年賀状」からひらめいたのですが
こんなサービスがあったら、いかがでしょう?

“迷惑者”も少しは喜ばれるかも!?

▼『不愉快にさせないDM封筒』

●見ず知らずの企業や店舗から突然来るDMは問題外ですが、
自分が利用した企業や店舗からくるDMでも
時と場合により、あまりいい気がしないこともあります。

(消費者って、わがままですよね、私も含めて…苦笑)

●そんな“招かれざるDM”にならないために、
こんな封筒はいかがでしょう。

●封筒ののり付けの▽の部分に「スピードくじ」をつけます。

———————-
スピードくじ!当たると
○○○(コンビニ)で
  使えます。
———————-

●封筒にペーパーナイフを差し込み、開封し、
▽の裏部分を見ると、

———————-
  50円引き!
———————-

ヤッター!

●この▽部分を近所の○○○(コンビニ)に持っていくと、金券として使えます。

(わかっていても当たると嬉しいですね)

●この「スピードくじ」付き封筒は、コンビニが販売します。
会員向けにDMを発送したい企業や店舗から受注し、
店名や企業名を名入れして、スピードくじ付きで販売します。

●利用企業や店舗は開封率が高まりますコンビニは来店チャンスが増えます。
DMを受け取る消費者も近所のコンビニで使えるなら、悪い気はしませんよね。

●もちろん、封筒を発行するコンビニ側は企業イメージがありますので、
どこでも利用できるわけではありません。審査があり、イメージを損なわないと
本部で判断されれば受注します。

●値引き(金券)原資は、封筒の発注側が負担します。スピードくじには、
企業や店舗が識別できるシリアルナンバーや記号を載せておき、
利用した分だけ、負担します。

●封筒の開封率を高めるためにDM発行側は景品を入れたり、
凝った封筒にして工夫しますが、この方が低コストで開封して
くれるかもしれませんよ。

●この手に販促は今までにもあると思いますが、コンビニ側が「販促支援封筒」として、
受注・制作するというのはいかがでしょう。

●DMの発送範囲が全国の場合は、全国展開している店舗が有利ですが、
発送範囲が地域限定なら、地域密着の店舗が有利です。

●これからは「小売店」という枠を超えた視点で「来店策」を考えないと、
大企業といえども競争激化で疲弊していってしまいます。

   ***企画の一番搾り***

『 当店を利用してもらう店舗(企業)を探す 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議