みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

02広告・販促企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第1866号 おじいちゃん家のサンタクロース ~今の子どもは“財布”が多いので。。。~

【企画公開日】2010 .12. 3.(金)

迫るクリスマス。
迷うプレゼント。

子どもたちが一生懸命、オモチャ屋さんの折込広告を見ながら、
“サンタクロース”にお願いするオモチャを選んでいます。

(まだうちの子たちはサンタクロースを信じています)

サンタクロースにお願いするのに「予算」があるというのも
よく考えれば可笑しな話ですが、子どもは純粋ですね~。

さて、サンタクロースにまつわる、ちょっと“あざとい”お話。
子どもは喜び、祖父母も嬉しい?

▼『おじいちゃん家のサンタクロース』

////ここからはフィクションです////

12月の暮れも押し迫った頃、
家族で近くに住む祖父母の実家に行きました。

子どもたちはおじいちゃん、おばあちゃんの家は大きくて広いので、
行くといつもはしゃぎ回ります。

子どもたちがリビングではしゃぎ回っていると、
子どもたちがあるモノを見つけました。

長男「おじいちゃん! これ なに?
   おじいちゃんところにもくるの!?」

長男が見つけたのは、クリスマス用のオモチャのカタログ。

祖父「そうだよ、おじいちゃんところにも
   サンタさん来るんだよ」

次男「すご~い!」

祖父「よし、おじいちゃんところに来るサンタさんを
   カズ(長男)とケイスケ(次男)の家に行ってもらおうか?」

兄弟「ほんと! やったー!!」

祖父「じゃ、この中からオモチャを選んで、この紙に書きなさい。
   そしたら、おじいちゃんがサンタさんに送っておくよ」

私(このカタログ、うちに来たカタログと違うな…)

////フィクションはここまで////

●おじいちゃん家のカタログは、もちろん“仕組まれた”もの。

●クリスマスプレゼントは親が買っておく物ですが、かわいい孫のために、
自分たちも贈りたいと思っている祖父母もきっといるとはず。

●そこで、一般家庭に配布されるカタログとは少しランクを上げた
オモチャを載せた「祖父母用クリスマスプレゼントカタログ」を
用意してはどうでしょう。(笑)

●このカタログは、オモチャ屋さんに依頼すれば
郵送してくれます。注文も電話ででき、クリスマスまでに
こっそり指定の配達先まで届けてくれます。

●オモチャ屋さんの「少子化対策」として、
いかがでしょう。

※子どもの教育上の良し悪しは一切考慮しておりませんので、
 悪しからず。

   ***企画の一番搾り***

 『 “財布”はどこにある? 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議