みんなの企画部

2586

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

02広告・販促企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第1728号 住まいの診断PHOTO展 ~「あっ、うちもこんな感じ!と気付く~

【企画公開日】2010 .5. 13.(木)

今朝の折込新聞の中に、ホームセンターが屋根・外壁の修理をするチラシが
入っていました。大手住宅メーカーの認定診断士が対応してくれるそうです。

地域にある行き着けのホームセンターなら、安心してお願いできます。
「診断無料」とうたっていても電話帳や広告を見て専門業者に
電話をするのは、小心者の私では正直、勇気がいりますから。

さて、気になってはいるけど、見過ごしている「お家」の修理箇所って
ないですか? 修理した方がいいのか、ほっといてもいいものなか。

そこで、こんなサービスはいかがでしょう。
「とりあえず見に行こう」という気軽さが嬉しいです。

▼『住まいの診断PHOTO展』

日曜日の朝、起きて食卓へ行った時のこと。
妻が折込チラシを手に、

妻「ねぇ~、この症状って、うちと一緒じゃない?」

折込チラシには少し汚れた外壁の写真が載っています。

私「そうやね、よく似ているね…」

その写真の隣には外壁の内部の写真も載っていました。

妻「こんな風になっていたら、まずいよね…」

外壁の写真の隣には、内部の写真も載っています。
外側はよく見かける汚れですが、内部は大変なことになっていました。

妻「他にもあるかもしれないから、この『住まいの診断PHOTO展』に
  行ってみない? いろいろな写真が展示してあるそうよ」

『住まいの診断PHOTO展』とは、外壁から屋根、基礎、地盤などの
さまざまな住まいの欠陥箇所を写真で紹介している展示会です。

見た目がひどい場合は、修理をしようという気になりますが、
外見が大したことない場合は、わざわざ修理をしよう、
診断してもらおうとは考えません。

そのため、「外見はこうでも実は内部はこうなっている場合もあります」
という状況を写真で見れると嬉しいですね。しかも、写真の展示会のように
気軽に見に行けるとなお嬉しい。だからホームセンターはいいですね。

『住まいの診断PHOTO展』では、【要注意】【注意】【今のうちに】など、
危険度の具合により写真が並べてあるとよりわかりやすいです。

もし、気になった場合は、自宅の写真を携帯電話で撮っておき、
展示してある写真と見比べたり、お店のスタッフに診てもらうと、
より安心できます。

住宅に関しては、多くの人が素人です。本来は修理が必要であっても、
主が気付かなければどんどん症状が悪くなっていく可能性があります。

そのキッカケになるサービスがあると、素人には嬉しいです。
いくら「診断無料」でも業者を呼ぶのは気が引けますから。

展示会では、危険度にあわせて修理の概算見積りが提示してあると、
なお、わかりやすいですね。

   ***企画の一番搾り***

   『気付くキッカケづくり』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議