みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

02広告・販促企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第1661号 看板出してみませんか? ~「看板」も使えば効果的!~

【企画公開日】2010 .2. 1.(月)

地方にある有名なWEB制作会社があります。
その会社は、以前より野立て看板を設置していたのですが、
最近、新しくさらに大きな看板を立てました。

その社長に聞くと、

「実は看板から弊社のサイトにアクセスし、
 問合せしてきた人は、成約率が高いのです」

なかなかのやり手ですね。超アナログの看板だって、使い方によって、
次元の違う戦い方ができるのです。

しかし、最近は、不景気のせいで道路沿いの看板に
空きが目立ちます。こんな時こそ、攻めの戦略です。

こんな方法で空き看板をPRしてみてはどうでしょう。

▼『看板出してみませんか?』

————————————–
 この道路は、○○方面へ行く自動車が、
 毎日3500台通ります。
 
 ○○方面でPRしたい方はぜひ
 看板を出してみませんか?
————————————–

空き看板に、「問合せは○○会社へ」
と貼ってある看板はよく見かけますが、
それでは問合せしたくはなりません。

よく野立て看板を設置する業種なら「空いている」と気づきますが、
こういう不景気の時こそ、新規の顧客を開拓する必要があります。

そんな時、数字を具体的にしめし、「提案」することが大切です。
台数だけでなく、

 ◎朝7時から9時、夕方5時半から7時の交通量が多い
 ◎渋滞が多い道路だから、注目度が高い
 ◎ミニバンタイプの車が○○%をしめるので、
  ファミリー層へのPRが効果的

交通量や車のタイプなどは、自社で調べられます。

まずは、その設置場所の情報を提供した後、
自社に問合せをしたくなるPR方法も大事です。

————————————–
時速60kmで走る自動車からでも
見やすい覚えやすいデザインが得意です
————————————–

あるいは、

————————————–
300m先からでも認識できる
「電話番号」表示のノウハウがあります
————————————–

最近は、検索キーワードをPRしたい企業が多いので、
そのノウハウがある、と訴求してもいいですね。

まだまだやれることはたくさんあります。

 ***企画の一番搾り***

『次元の違う提案方法』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議