みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

02広告・販促企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第1638号 ポケティ配 ~“ポケティ”で入り込め~

【企画公開日】2009 .12. 17.(木)

駅前でよく見かけるポケットティッシュ配り。
私はつい手を出してもらってしまう。

カバンに入れておくと何かと便利ですし、
家に持って帰ると妻も喜びます。

妻「駅を利用しないと、なかなかもらえないからね」

確かにそうかも。駅周辺以外ではあまり見かけません。

きょうは、そんなポケットティッシュを上手に活用する方法を
考えてみました。経費削減をしたい企業向けにもいかがでしょう。

▼『ポケティ配』

「おっ、今回はビール一杯券か!
 忘年会のシーズンだからね」

「朝食券もいいね~。
 いつもコンビニで買うけど、たまにはしっかり食べてみるか」

これは、ポケットティッシュに入った広告のこと。

オフィス向けにポケットティッシュを「媒体」した
『ポケティ配』っていかがでしょう。

『ポケティ配』は、あらかじめ承諾を得た企業を対象に、
ポケットティッシュを配布します。

配布する際は、企業側の手間にならないように
カゴ盛り状態でお届けします。

その方が受け取ってすぐにトイレなどに置けて、
スタッフの手間を取らせません。

企業に承諾を得る際に社員数や男女比、平均年齢など、
調べられる範囲で配布先の企業データを把握しておけば、
広告主が希望するターゲットごとに配布することもできます。
地域を限定してピンポイントで広告を打つこともできます。

また、男性トイレ専用や女性トイレ専用という配布もできますね。

「広告」を企業で働く社員に届けるのはなかなか難しいですが、
ポケットティッシュという原始的な広告ツールを使えば、
できるかもしれません。

箱ティッシュも経費削減対象になっている企業にとっては、
嬉しいサービスであるかも。

企業側もいくつも届けられては困るので、
もし始めるなら、一番最初が圧倒的に有利です。

 ***企画の一番搾り***

  『乗っけるビジネス』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議