みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

02広告・販促企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , , ,

第1631号 ユニーク年賀状 企業編 ~年始から電話がじゃんじゃん!?~

【企画公開日】2009 .12. 8.(火)

そろそろ年賀状は書きましたか?
今年の我が家の年賀状は、息子たちの絵がメイン。
そのため、息子たちの機嫌がいい時に描かせるのが、
一苦労。。。いつできるか、心配です。

さて、企業でも年賀状を出すと思いますが、
同じ費用をかけるなら、ただの挨拶だけでは面白くありません。

そこで、こんなアイデアはいかがでしょう。
年末の大掃除と掛けます♪ 

▼『ユニーク年賀状 企業編』

わが社の大掃除は、少し早めの12月上旬に行います。

各自の机の周りをはじめ、会社の倉庫から書棚まで、
一斉のそうじ及び「使う・使わない」チェックが入ります。

そして、出てきた不用品を一箇所に集めます。
さぁ、これからが知恵の出しどころです。

どう処分するか。リサイクルに出すのもいいが、
弊社ではちょっと変わった処分の仕方があります。

社員が「ウケそうな品」を4点写真に撮り、パソコンに取り込みます。

パソコンで作業中の社員の背中越しに、

上司「お~、今年はこれにしたか!」
社員「今年は掘り出し物が多いから、“引取り率”が高いですよ」

パソコンに取り込んだ写真を小さめのシールに印刷します。
サイズはプリクラ大です。印刷されたシールを手に、

社員「では、お手伝いお願いします」

と声を掛けると、手が空いた社員が集まり、一斉に貼り始めました。

何に貼っているのか? 年賀状です。年末に投函する会社の年賀状の
宛名面(下半分)に貼っていきます。

シールを貼る部分にはこう書かれています。

———————-
掘り出し物市! ご希望の方は
弊社担当者にお電話ください。先着順です。
———————-

そう、毎年わが社では年末の大掃除で出てきた不要品を
年始の年賀状に載せて、取引先や顧客企業にお分けしています。

もちろん、年始の挨拶は年賀状の通信面に載せております。

年始から顧客企業から電話があったら、縁起も良さそうですよね。
不要品も処分できるし、疎遠だった企業から連絡があれば、
いいスタートも切れそうです。

会社の利益を削って出すならちょっとしたアイデアで、
年賀状も有効活用をしてみましょう。

たとえ欲しくなくても印象には残りますよね。

 ***企画の一番搾り***

『いつもの仕事も使い方次第で』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議