みんなの企画部

2716

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

02広告・販促企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第1221号 働くお母さんの「夕食レシピックス」 ~「作り方」より「ネタ」が欲しいです~

【企画公開日】2008 .3. 17.(月)

妻「夕食は何が食べたい?」
夫「何でもいいよ」

こういう返事が一番腹が立つそうです。さらに、「何でもいい」と言いながら、
出来上がった夕食にケチを付ける夫は、最悪らしい。

さて、働くお母さんが増えています。一日会社で働いた後、夕食の献立を
考えながら、さらに、少しでも安く買うために特売のスーパーを探します。

かなり大変です。そこで、こんなサービスはいかがでしょう。
企業側も従業員の家庭負担を少しでも減らす「プチ福利厚生」として、
導入を検討してください。

▼『働くお母さんの「夕食レシピックス」』

●午後3時に会社にファックスが届きます。
そのファックスは、近所のスーパーからです。

 ——————————
  きょうの特売品と夕食献立
 ——————————

●FAXは、A4サイズ一枚。
そのファックスは、担当者が数枚コピーして、所定の棚に置いておきます。

●午後4時なり、従業員の女性たちが仕事を終えます。

A「きょうの特売は何かな? ねぇ、レシピックス見てない?」

B「まだよ。きょうは、夫が早い帰宅だから、早めに夕食を用意しないと
  いけないから、早速チェックして、スーパーに直行よ」

●彼女たちは帰宅準備を済ませると「夕食レシピックス」が置いてある棚に行き、
コピーを手にして帰宅します。もちろん、そのまま近所のスーパーへ直行。

C「細かい作り方は必要ないのよ。
  ただ、何を作ればいいのかが決まらないだけで。。。」

●このチラシには、その日の特売品とタイムサービス品が載っていて、
さらに、その商品を使った簡単な夕食の献立も載っています。

●このサービスの売りは、リアルタイム性。
スーパーが外部に委託してFAXチラシを制作・配信をします。

●特売情報と夕食の献立なんて、働く主婦にとっては、最強の情報ですよね。

●メールやネットを使う方がコストがかかりませんが、やっぱり紙媒体は、
誰に対しても高い訴求力を発揮します。

     +++++ 今日の企画一番搾り +++++

   『 痒いところに手が届くサービス 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議