みんなの企画部

2711

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

【第3,670号】《 セルフ点検  〜 リモートで賜ります 〜》

【企画公開日】2020 .5. 30.(土)

小島の企画“生”ノート*2021年の妄想*
〜1年後の“きょう”を発想する〜

[発行:2020_05_30]

No.56/100【第3,670号】《 セルフ点検  〜 リモートで賜ります 〜》

リモートワークにオンライン会議。今だけの臨時措置と思っていたが、慣れると便利だ。特にオンライン会議は移動時間がないため、時間が有効に使える。早速、オンライン会議だ、オンラインセミナーだ、とネット上は大盛況だ。

・・・と私も一つ、リモートサービスのビジネスを考えた。それは「セルフ点検」

<床下のセルフ点検>
(1)専用サイトから「床下のセルフ点検」を申し込む
(2)後日、アタッシュケースに入った検査キットが届く
(3)ケースを開ける前にサービス業者とオンライン(PC⇄スマホ)で繋ぐ
(4)サービス業者の指示でケースを開け、機材のセッティング。依頼する前に専用サイトで機材の扱い方を動画で見たので手際はいい
(5)機材を床下に設置したらカメラON。すると、アタッシュケースの上蓋面の画面に映像が映る。同時中継でサービス業者のセンターにも送られる
(6)映像をリアルタイムで見ながらサービス業者の指示で床下の撮影機材を操作し、中継する
(7)検査を終えたら、機材をケースに片付け終了。アタッシュケースは、後日宅配業者が回収に来る

このサービスなら点検詐欺に遭うことなく、家に他人を入れることなく、自分の空いた時間で検査ができる。

「無料で点検します」ではなく、点検も有料でいい。往復送料と機材の保険料を含めた料金設定で、納得感と満足感があれば需要は必ずある。

新型コロナウイルスの影響で、他人を家にあげることに抵抗がある人が増え、家事代行サービスも困っていると知り合いの経営者に聞いた。だから、むしろこれからはリモートでセルフ点検が狙い目。

◆◆◆発想の起点◆◆◆
『リモートでセルフ』

小島:答え合わせは1年後

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議