みんなの企画部

2714

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

【第3,651号】《交通系ギフト券  〜収束後は両親(祖父母)に会いに行こう!〜》

【企画公開日】2020 .5. 22.(金)

小島の企画“生”ノート*2021年の妄想*
〜1年後の“きょう”を発想する〜

[発行:2020_05_22]

No.37/100【第3,651号】《交通系ギフト券  〜収束後は両親(祖父母)に会いに行こう!〜》

父「カズヒロ(孫:大学生)は帰ってこんのか?」
私「バイトできず金ないから、帰って来れんよ」

長男のカズヒロは大学生、バイト先をコロナの影響で失い、“無職”が続き、金欠状態。暮らしていけるお金は仕送りしているが、帰省するお金はない。

父「じゃあ、お金を送ってあげようか?」
私「いいよ、もう大人なんだから。それにお金送ったら他のもんに使ってしまうわ」
父「私が会いたんじゃ! いいギフト券があるから贈るよ」
私「ギフト券?」

後日・・・

カズヒロ「あれ、じいちゃんから手紙?が届いとる。。。」

封を開けてみると祖父からのメッセージカードと一緒に見慣れないチケット(券)が入っていた。
ーーーーーーーーーーーーーーー
帰省の時に使ってください。
★交通系ギフト券20,000円★
ーーーーーーーーーーーーーーー

交通系ギフト券は、全国のあらゆる交通機関で使える金券。自粛期間を経て新型コロナウイルスの収束後、交通機関が一丸となり人の移動を促すために作られた。

新幹線を利用して帰省する家族は新幹線チケットを購入する際に使える。高速バスで移動する学生も使える。恋人同士で贈り合ったり、就活や受験にも使える。

人が動けば経済が潤い、多くの人に笑顔が戻る。

◆◆◆発想の起点◆◆◆
『人が移動する仕掛け』

小島:答え合わせは1年後

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議