みんなの企画部

2740

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

【第3,627号】《まちの文藝場 〜お金の後は文化で貢献〜》

【企画公開日】2020 .5. 14.(木)

小島の企画“生”ノート*2021年の妄想*
〜1年後の“きょう”を発想する〜

[発行:2020_05_14]

No.13/100【第3,627号】《まちの文藝場 〜お金の後は文化で貢献〜》

コロナ以前より始まっている銀行の店舗網の縮小。キャッシュレス時代に支店の役割は多くなく、大手銀行から地方銀行までスリム化を図り、不採算の支店を閉鎖しています。そして、、、残る元支店の建物。

実は以前、ある銀行の支店物件の売買に関わったことがあります。物件を内覧した建築家が言います、「再利用するより取り壊して立て直した方が安上がり」とのこと。意外に使えない構造だそうです。そこで、考えました。こんな活用方法はいかが?

「まちの文藝場」として銀行支店を再利用。重厚な建物で天井高を活かし、舞台と客席を作り、照明、ネット配信設備を完備。鉄筋の建物は防音にも適しています。

<まちの文藝場として利用シーン>
(1)演劇の舞台:プロの劇団から中学、高校の演劇部、地域の演劇クラブなど、銀行の支店だったことでアクセスの良さを利用して地域に根ざした演劇場として利用
(2)ライブ会場:バンド・アイドルのライブ会場として。また、映画鑑賞にも使えます。

<「まちの文藝場」の収益>
会場利用料、ネット配信の代行のほか、野球場のようにシーズンシート(6ヶ月間)の会員制度を設けて安定収入を目指す。シーズンシートは会場を取り囲むように二階席にあり、飲食も可。会員は会社帰りにふらっと立ち寄り、舞台稽古だったり、バンドの練習を見ながらしっぽりとお酒を飲むこともできます。

銀行の支店は駐車場が狭い所が多いので、身障者の方以外は駐車は有料で事前予約のみ。基本的に公共交通機関を使っての来場。

非常時の場合は避難所になったり、駅前の「まちの文藝場」は帰宅困難者の休憩場所としても利用します。各文藝場は独立採算制で、芸術と文化を愛するオーナーが心を込めて運営します。

生活をしていて、舞台のある「文藝場」が街のあちこちで見かけるって素敵です。

◆◆◆発想の起点◆◆◆
『文化のある生活が人を優しくする』

小島:答え合わせは1年後

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「大丈夫、策はある」コロナ禍時代の新ビジネス・アイデア55



「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」
二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議