みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第3512号 【 思い出小箱 】孫たちが帰った後の寂しさを和らげる。

【企画公開日】2018 .1. 12.(金)

正月、遠くに住む兄家族が実家に帰省しました。
父も母も久しぶりでとても嬉しそう。

しかし、正月が終わり、兄家族が帰った後は
父も母もきっと寂しいだろうな・・・。

そこで、こんな商品を考えてみました。
ポイントは差し込むだけで上映できること!

▼【 思い出小箱 】

実家に帰省した時から撮影は始まります。

実家に着き、祖父母と久しぶりの再会!
夜は会食をして、ボードゲームで遊びます。
大晦日は除夜の鐘を突き、元旦は初詣。
お雑煮を食べてお年玉をもらって。。。

これらの様子を子供たちのスマホや親のスマホで
写真や動画を撮影します。

帰宅時間が迫ってきた時、
スマホ用のUSBメモリー「思い出小箱」を取り出します。
このUSBメモリー「思い出小箱」をそれぞれのスマホに挿し、
帰省中に撮った写真や動画を保存します。

そして、実家を離れる際、祖父母に言います。

「これをテレビのココに差し込むと、この休暇中に
撮った写真や動画が自動的にテレビに映るから、
あとから観てね!」

操作は簡単です。USBメモリー「思い出小箱」を
テレビの側面についたUSBジャックに差し込むだけ。
実際に操作して覚えてもらいます。
(今時のテレビはほぼ付いています)

テレビで写真や動画が流れている時は、
あらかじめ保存していた音楽が流れます。

こんな商品はいかがでしょう。
撮る側も観る側もとても簡単で
誰でも楽しめます。

USBメモリー「思い出小箱」は実家に置いておき、
帰省するたびに使って祖父母に楽しんでもらいます。
写真アルバムと連携するとビジネス性が高まります。

★アイデアコンセプト★
『 単機能商品 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議