みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第3477号 【 オープンオフィスの選ばれし者 】会員になるだけでもステイタス。

【企画公開日】2017 .11. 2.(木)

煮詰まるとカフェに行き、コーヒーを飲みながら、
再び考えに耽ります。。。

そんな耽っている時、依頼された企画をそっちのけで
思いついた新しいシェアオフィスのスタイルをご紹介します。
会員になるだけでもステイタスです。

▼【 オープンオフィスの選ばれし者 】

「オープンオフィス」に入室すると
このシェアオフィスの専用サイトの画面上に
入室した人の「アバター」が現れます。

画面には「そこにいる」ことをリアルに表現するために
オフィスのレイアウト内にその人がいる場所に
「アバター」を表示させます。

例えば、本人がカウンター席にいる時は
画面上のカウンター席に「アバター」が表示されます。
ブース席にいる時はブース席に「アバター」が表示されます。
移動すれば「アバター」も移動します。

ユーザーがその「アバター」をタッチすると
吹き出しが表示され、専門業種、自己PR、
実績などが紹介されます。

さて、この「オープンハウス」の一番の特徴は、
すぐその場にいる「アバター」(プロフェッショナル)に
商談(仕事の依頼)できること。

<商談(仕事の依頼)の仕方>
(1)アイコンをタッチする
(2)依頼内容を入力する
(3)本人とSNS風にコミュニケーションが進む
(4)商談が成立したら「商談ブース」に移動し、
モニターを通してface to faceで話す
※依頼側は予め登録する必要があります。
※(4)の段階になれば有料(相談料)になります。

このサービスのメリットは、居るようで
なかなか見つからないフリーのプロ(エキスパート)を
見つけることができること。

ネットで検索すればいくらでもWEBサイトはでてきますが、
安易に相談もできないし、信用もありません。

そのため、この「オープンオフィス」に登録されいるプロたちは、
厳しい審査を通過したプロたちで面談しているため、
人としても信用できます。

依頼側:信用できるプロを探す
プロたち:新しい企業と組みたい

そんなニーズをマッチングしたのが「オープンオフィス」。
「今そこにいる」からこそ、相談したい衝動が働きます。

★アイデアコンセプト★
『 見える化 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議