みんなの企画部

2546

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第3474号 【 デットステージ 】別名「日常のアート展」

【企画公開日】2017 .10. 30.(月)

雑居ビル内にある弊社のオフィスには、
一角に業務用エレベーターの跡があります。
撤去するには自己負担で100万円ほどかかるようで、
そのまま放置しています。

しかし、毎日眺めているうちにここに暖炉の絵を
描いてやろうか?と絵心もないのに妄想しています。

また、ビルの中の広いフロアーのオフィスを見ると
ところどころにごっつい柱が立っています。
この柱に水族館で見る「アザラシが筒を抜けていく写真」を
壁紙のように貼り付けたら、目を引くだろうなと妄想しています。

そこで、こんなサービスを考えてみました。
コンセプトは「日常のアート展」です。

▼【 デットステージ 】

「デットステージ」とは、デットスペースを舞台(ステージ)と考えて、
オフィスのデットスペースをアートに変える仲介サービスです。

例えば、オフィスのデットスペースを写真に撮り、
「デットステージ」にUPします。UPの時は・・・
(1)写真
(2)サイズ
(3)直接ペイント可
(4)予算
(5)施工日数
などを入力し、公開します。

すると、そのデットスペースに入札が入ります。
・「弊社ならこの価格でこんなアートが壁紙のように貼れます」
・「私なら1週間あればこんな絵が描けます」

施工業者からリフォーム業者、アーチスト本人からも入札されます。
金額だけでなく、施工サンプルもつけて提案されます。

無機質なオフィスの一角にアート作品があったら、
ちょっとクリエイティブな気分になりますね。
窓のない壁には窓越しに大自然の絵が望めたらとても素敵です。
低予算なら壁紙で、オリジナルが希望ならアーチストに依頼します。

もし、入居者がいなくて困っているビルオーナーが
「一箇所だけアート化無料」と入居者募集したら、
ユニークですよね。

アート作品が一つ加わることで古いオフィスが
おしゃれ(レトロ)に生まれ変わるかもしれません。

こんなデットスペースのリノベーションを
入札・提案するサービスはいかがでしょうか。

★アイデアコンセプト★
『 空間の商品化 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。