みんなの企画部

2584

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第3406号 【 LIVE商談会 】対面で話せるから即断即決できる!

【企画公開日】2017 .7. 13.(木)

例えば、素晴らしいアイデアをヒラメいたとします。
「きっとあの企業なら喜んでくれるはず!」と思い、
その企業のホームページから提案のメールを送ってみる。

しかし、まったく返事がない・・・。
当たり前のことだが、どんなにいいアイデアであっても
相手が望んでいないタイミングでしたら、ただのゴミである。

そこで、こんなサービスを考えてみました。
パソコンの前にいる時は「受付中」として対面対応が可能です。

【 LIVE商談会 】

例えば、ある企業が「新入社員研修で企画力UPの講座」を
欲しているとします。

そこで、研修担当者(人事部)がWebサービスの
「LIVE商談会」にログインして、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新入社員研修で企画力UPの講座をご提案ください
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
というテーマで情報を公開します。

すると、「LIVE商談会」の画面上には、テーマ内容と一緒に
<LIVE受付中>という表示になり、提案できる企業(人)は
<LIVE受付中>をクリックすると、担当者と直接、
画面を通して話すことができます。

「LIVE商談会」では、リアルタイム性と対面式が売りで、
担当者がパソコンの前にいて対応できる時はログインして、
提案を待つスタイルことができます。

公開するテーマは研修内容から企画提案、取引、求人など
さまざまで、細かくジャンル分けされています。

万が一、テーマ以外の内容でアプローチしてきた時
(例えば単なる営業)は、「スパムユーザー」として
「LIVE商談会」の運営側に報告し、着信拒否できます。

実際、直接顔を見て話をした方が速く事が進むことが多く、
相手のスキルや能力も把握しやすいです。

欲している情報を欲しているタイミングで受け取れたら、
これほどビジネスに有効なことはありません。

対応する側の能力と決定権も重要ですが、
ビジネスはタイミングが命です。

★アイデアコンセプト★『 ジャストタイミング 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。