みんなの企画部

2454

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第3381号 【 物々社交場 】不用品を企業へ取りに行く。

【企画公開日】2017 .6. 8.(木)

フリマアプリの登場で不用品をリサイクルショップへ
下取りに出す人が減っているそうです。

確かにリサイクルショップに持っていっても
二束三文にしかなりませんが、フリマアプリに出品したら、
結構な金額になることがあります。

不適切な出品もありますが、フリマアプリは
明らかに物の流れを変えましたね。

さて、リサイクル業者も指をくわえて
見ているわけには行きません。
そこで、こんなサービスを用意しました。
設置した企業の社員も喜びます。

▼【 物々社交場 】

社内で物々交換できる場。
リサイクル業者が本棚程度の大きさのラックを
企業の社内に置いていただきます。

そのラックが「物々社交場」で、
社員が不用品をそのラックに置いていきます。
例えば、
・USBケーブルやモニターケーブル
・旧式のスマホケース
・使わなくなったプリンターのインクや文房具
・読み終わった書籍
・自宅からもってきたCD・DVD
などの小物から、部署内で不要となった折り畳み椅子や
トレイ・ファイルなどなど。

これらの物を一旦「物々社交場」に持ち寄ります。
リサイクル業者の回収日は毎週何曜日と決まっていて、
その曜日までに他の社員が欲しければ持っていってもOK!
残っていれば業者が回収いたします。

社内には不用品があちこちに放置してあり、
捨てるにはもったいないが保管場所がない厄介物が
意外にあります。

そのため、一旦プールする場所を設ければ、
皆がそこに持ち寄り、欲しい人は持って行けば、
経費の削減に貢献するばかりか、不用品が減り、
社内もキレイになります。

リサイクル業者は契約した企業を回り、
ルート回収することで物を仕入れることができます。

弊社にも捨てるに捨てられないパソコンやプリンター、
モニター、ケーブル、ハードディスクなど、たくさんあります。

オフィスにお菓子やコーヒーサーバーを置くサービスが
増えていますが、不用品回収のラックを置くサービスは
いかがでしょう。

★アイデアコンセプト★『 個人から法人へ 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。