みんなの企画部

2421

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第3379号 【 「文武両道」サポートコース 】通信教育業界が狙うべき次の「市場」。

【企画公開日】2017 .6. 6.(火)

次男の硬式野球チームは、今春、全国大会に出場した強豪チーム。
もちろん夏も全国大会を目指しています。そのため、3年生の
高校進学(推薦)は安泰かと思いきや成績が芳しくない子が多く、
進路が決まっていない子が多いとか。

今時、甲子園常連校でも野球だけでなく一定以上の成績を必要とし、
スポーツオンリーでは入学できませんから。

そこで、こんな「通信教育コース」を考えてみました。
思春期の中学生は、親や先生の言うことは聞きませんが、
チームの監督の言うことは(怖いから)よく聞きますから。

▼【 「文武両道」サポートコース 】

中学校の部活外で活動するクラブチーム向けの通信教育コース。

チーム内で一定以上の成績がない子を対象に「文武両道」の名のもと、
通信教育を強制的に受講させます!

通信教育なので学習スタイルはプリント学習ですが、
毎週、チームの練習がある週末を期限に
解いたプリントを監督に提出します。
(提出されたプリントはまとめて業者へ送ります)

そして、前週に解いたプリントはチームにまとめて届けられ、
監督が各自に手渡します。費用は部員の負担ですが、チーム単位での
受講のため、通常より安価(例:月1千程度)な受講料。
(※クラブチームの月謝は数万円なので大した負担ではありません)

この「文武両道」サポートコースの目的は学習習慣を身につけること。
中学生とはいえ、なかなか落ち着いて勉強できない子も多いため、
毎週プリントを解く習慣は大切なことです。

通信教育業界にとっても受講者をまとめて
獲得できるチャンスになります。

また、学習習慣がない子が勉強しはじめたら成績は上がりやすいため、
本人はもちろん、親御さんにとってもこれほど嬉しいことはありません。

部活外でスポーツをやると勉強がおそろかになりがちですが、
このサービスがあれば、教育業界もスポーツ関係者も本人も親も
みんなに喜ばれます。

個人宅へのDM(販促)が難しい今、
チームへのアプローチはできます。

★アイデアコンセプト★『 アプローチ方法の転換 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。