みんなの企画部

2454

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第3295号 【 Airルームネット 】ワイワイガヤガヤ、空気感を共有する。

【企画公開日】2017 .1. 31.(火)

ふと、ひらめいたアイデアがあります。
試したことがないので効果は不明です。

くだらないかもしれませんが、
職場で、自宅で、高齢社会に
活かせるのではないか?

キーワードは「空気感」です。

▼【 Airルームネット 】

都心の本社と地方の支店を「空気感」でつなぎます。

本社のフロアーで仕事をしている風景が
支店の大画面モニターで見れて、
支店のフロアーで仕事をしている風景が
本社の大画面モニターで見れます。

ネット会議と同じ仕組みですが、特別会話をしたり、
会議をするわけではありません。

ただ単純に本社と支店の仕事ぶりがモニターを通して、
繋がっているだけ。映像だけでなく、音声も聞こえます。
ワイワイ、ガヤガヤと映像とともに繋がっています。

本社のAさんがモニターに向かって、
支店のBさんを呼ぶとBさんはモニターの前に現れます。

つまり、常時繋がっているため、まるで同じフロアーで
仕事をしている感覚になります。
これは、地方にサテライトオフィスを設けた企業には
特に有効ではないか。

地方独特のリラックスした雰囲気だけでなく、
本社ならではのピリピリした雰囲気も伝わるため。

また、遠方で一人暮らしをしている高齢の親と
繋がることもできます。何を話すわけでなく、
ただお互いの家(部屋)の映像がモニターで見れます。

呼びかければモニターの前に来て話せばよく、
見られたくなければ別の部屋にいればいい。

ふと、画面を見ると忙しく家事をしている母が
画面を横切るだけかもしれません。

一人暮らしを始めた子供と繋がる。
単身赴任したお父さんと自宅が繋がる。

モニターを通してお互いの部屋の空気感を感じれば、
適度な距離感を保ちつつ、孤独感もなくなります。

ネット環境があり、モニターとカメラをつければ、
簡単にできます。お金もかかりません。
「空気感」で繋がるって、いかがでしょう?

★アイデアコンセプト★『 空気感 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。