みんなの企画部

2497

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , , ,

第3293号 【 競技別フリマ 】おそらくほとんどのチームが低予算運営…。

【企画公開日】2017 .1. 27.(金)

先週、次男の野球チームのグラウンドに土を入れました。
チームの父兄で建築関係の仕事をしている方がおり、
工事で余った黒土を無料で入れてくれました。

本当にありがたいこと!
おそらく運営予算が潤沢なチームはほとんどなく、
どこのチームも父兄やOBのボランティアや有志で
成り立っています。

そこで、個人間がメインのフリマですが、
チーム間で行えるようにしたらいかがでしょう。

▼【 競技別フリマ 】

例えば、「○○野球スポーツ少年団」という名で登録します。
(※チーム責任者名は表示します)

野球チームには使っていないグローブやバッドが部室や道具箱に
眠っていることがあります。道具だけでなく、
グラウンドの隅においてあるネットやトレーニングのタイヤなど。

これらの品物を有料・無料でスマホのフリマサイトにアップします。
フリマでは、競技別・地域・軟式硬式などの分類を設け、
検索しやすくします。

有料で売れた場合は、チーム費(口座)に入るようにして、
運営費に使います。無料の場合は物物交換したり、
送料を負担してもらい無料でお譲りします。
(お互い様ですからね!)

近隣のチームなら取りに来たり、持って行ったりします。
こういうフリマを通した交流で練習試合をしたり、
合同のイベントに発展することも期待できます。

また、意外な使い方としてフリマの出品中の品に
「入団希望の方は体験入団の際にお使いいただけます」
あるいは、「入団者には無料でお譲りいたします」
と団員募集に活用できます。

こうしてフリマの便利さがわかると個人でも利用したくなります。
実は私もそうですが、フリマをやったことがない方は
なかなかキッカケがなく、食わず嫌いのことがあります。

そのため、顧客層拡大のためにも団体登録ができると、
より使いやすくなります。

グラウンド空き情報などが掲載されていると、
なお、使い勝手がよくなります。
遠征試合などでホームグラウンドを使わない時、
グラウンドがないチームには本当にありがたいです。

★アイデアコンセプト★『 個人から団体へ 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。