みんなの企画部

2454

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第3285号 【 家庭内「家事シェアファーム」 】子供が家事の大変さを知る機会にも。

【企画公開日】2017 .1. 17.(火)

我が家のことではありますが、先日感動したことを一つご紹介します。
妻が仕事で遅くなり、夜7時半頃帰宅しました。
私もほぼ同時刻に帰宅しました。

すると、すでに四人分の夕食ができているではありませんか!
豚肉の生姜炒め、サラダ、味噌汁など。
すべて中2の長男と小6の次男が自ら進んで作りました。

妻も私もびっくりでしたが、
妻いわく「私が作るより・・・美味しい」
そう、私から見ても味だけでなく盛り付けも丁寧でしたね。。。

さて、家事は妻だけの仕事でありません。家族全員で分担して行うもの!
そこで、こんなサービスを考えてみました。きっとビジネスへの応用は
いくらでもあります。

▼【 家庭内「家事シェアファーム」 】

我が家の「家事一覧」を作ります。
朝食からゴミ出し、犬の散歩、食器洗い、洗濯など、
1日のすべての家事を書き出します。

「家事一覧」ができたら実行役を分担します。
それをスマホ上のアプリで家族で共有します。

もし、母の帰宅が遅くなり、
母担当の「夕食」を長男が代行する時は、
長男のスマホ上の「家事一覧」の「夕食」をタップすると、
「私が作ります」に切り替わり、母のスマホに通知されます。

あるいは、父が出張で朝の「犬の散歩」ができない時、
父のスマホ上の「家事一覧」の「朝の犬の散歩」をタップすると、
「誰か散歩お願いします!」と家族へ通知されます。
そして、できる人が返事をします。

こんな具合に家庭内の「家事」を家族内でシェアするアプリは
いかがでしょう。そして、家事を代行した時は家庭内ポイントが貯まり、
家庭内のお小遣いやご褒美に反映できる楽しみも設けます。

例えばこのアプリを家事代行業者が無料で提供します。
それにより家庭内の家事事情がわかり、家事代行の販促に役立つほか、
新規サービスのヒントになります。

家計簿アプリも人気だそうですが、
それよりも大きなビジネスチャンスがあると思います。

そのうちお小遣いも電子マネー化したら、
「家事マネージャー」である母がポイント(電子マネー)の発行主となり、
家事を手伝ったら子供のスマホにポイント(電子マネー)を送る仕組みが
可能になるかもしれませんね。

家族が1日生活する中でたくさんの家事があり、
それを誰かが行なっている現状を知るだけでも
大変意義のあることだと思います!

★アイデアコンセプト★『 家事の見える化 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。