みんなの企画部

2497

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第3238号 【 スマホ × マスク 】やっぱりカメラ(レンズ)は苦手です。。。

【企画公開日】2016 .10. 21.(金)

写真はよく撮ります。動画もよく撮ります。
撮るのは得意ですが、撮られるのは苦手です。。。

どうもカメラを向けられると表情が硬くなります。
けっしてよく見せようとしているわけではないのですが、
普段通りできないので、以前動画撮影の時、
随分、撮影スタッフの皆さんに迷惑を掛けました。

今は、スマホで写真も動画を撮影することが増えましたので、
こんなグッズを考えてみました。「何気に撮る」が可能です!?

▼【 スマホ × マスク 】

とっても単純なグッズ。スマホスタンドにセットしてあるスマホに
カバー(マスク)を掛けてスマホを隠します。
そのカバーは紙製で穴が空いていてその穴から撮影します。

実はこの「カバー」のデザインがポイントです。
「カメラがあるぞ」と思わせないデザインにします。

デザインは3タイプ。

1つ目は、オフィスで撮影するなら「壁紙」に似せたり、
本棚に似せたり、スマホを置く場所を想定した柄にします。

2つ目は、キャラクター。撮影される側が笑顔になれたり、
ほっとできるキャラクターをプリントした柄にします。

3つ目は、オリジナルの柄。スマホを置く場所をスマホで撮ります。
その撮影した画像をフォーマットにはめ込み、出力します。
取説に従って組み立て、最後はレンズ穴を開ければOK!
風景と一体化しているので、カメラがあることすら気づかない!?

紙製ならプリンターがあれば家でもオフィスでも制作できます。
しかし、そんな“カモフラージュ”では甘い!という方には
「ぬいぐるみ」にカメラがセットできる商品はいかがでしょう。

「ぬいぐるみ」の目がレンズになっており、
ケーブルでスマホとつなぐと「目(レンズ)」からの映像が
スマホに映り、録画できます。「相手」が人ではないので
話しやすいと思います。

今の子供たちは撮られ慣れていますが、
大人になってからスマホを手にした世代は苦手な人が
少なくないと思います。

スマホで撮った動画をアップして営業に使うビジネスマンも
増えていますので、こんなグッズやサービスが隠れた人気に
なるかもしれませんよ。

※決して盗撮には悪用しないように!

★アイデアコンセプト★『 自撮りサービス 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。