みんなの企画部

2544

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第3220号 【 観光協会の「窓口ネットワーク」構想 】ローカルエキスパート同士が協力。

【企画公開日】2016 .9. 26.(月)

「旅行業者、9年ぶり増」(日経2016.09.06)
地元の特色を生かした体験ツアーを自ら企画しようと
地方で観光協会などが旅行業に参入しているためです。

訪日外国人旅行者を地方にも誘客することが目的ですが、
地方自らアクションを起こした点が個人的に高評価!

そこで、さらにもう一歩進めて大手に頼らない仕組みを
作ってはいかがでしょう。十分な収益を得ることで
より充実した旅行企画が立てられます。

▼【 観光協会の「窓口ネットワーク」構想 】

タイトル通り、地方の観光協会が作った旅行業者を
全国でネットワーク化します。

各地方に「窓口」を設置し、顧客が望む「旅行」を
紹介し、お互いに誘客しあいます。

ネットワーク化の最大のメリットは、
大手旅行代理店やネットに誘客を頼らない仕組みを作ること。

旅館やホテル同様、誘客のための広告や紹介料で
収益が圧迫してはサービスの拡充は難しくなります。

そのため、お互いが紹介しあうことで
収益を確保し、より斬新な旅行企画を立てます。

斬新な旅行企画には「体験ツアーの体験」旅行を作り、
お互いに新しく企画した「体験ツアー」を旅行者に
評価してもらい、完成度を高めるのもユニークです。

その際のツールとして「おもてなし検定」を作り、
企画内容も含めて日本的なおもてなしができているか
評価したら、地方へ行く魅力が増します。

地方が個々に動いていては大きなうねりにならず、
強者に食われてしまいます。

観光協会の「旅行会社づくり」を指南しつつ、
拠点を増やしてネットワークを拡大していったら、
日本は本当に観光立国になると思います。

★アイデアコンセプト★『 ネットワーク化 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。