みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第3188号 【 日よけ&雨よけシェード! 】遠隔操作で“緊急事態(雷雨)”に備え!

【企画公開日】2016 .8. 1.(月)

昨日も息子の野球で遠征試合に出かけました。
親は声援を送りながら観ているだけですが、
あまりの暑さに親が倒れそうでした・・・。

さて、暑さのピークが超えたころ、妻が、
「困ったなぁ〜、もうすぐ自宅付近が豪雨!」
スマホの天気予報を見ながら、困った様子。

今朝出かける時に雨予報ではなかったので洗濯物は干しっぱなし!
「帰ったら、洗い直しか・・・」と落胆の妻。

まぁ、夏にはよくあることですが、出先では何もできませんよね。
そこで、こんな商品を考えてみました。
平常時は日よけで、緊急時は雨よけです。

▼【 日よけ&雨よけシェード! 】

ベランダやデッキに設置する「日よけシェード」。
つっかえ棒の原理なので、家の壁面を傷つけずに
女性でも設置できるので人気です。

この「日よけシェード」をゲリラ豪雨から洗濯物を守る商品に
改良します。例えば、2階のベランダに洗濯物を干すとします。

このベランダに「日よけ&雨よけシェード!」を設置します。
洗濯物を干す際は、布部分は全て巻き上げておきます。
「オープン度100%」です。

そして、もし、勤務中や出先で「雨予報」を知ったら、
自分のスマホで「オープン度0%」に設定します。

すると「日よけ&雨よけシェード!」のストッパーがカチッと外れ、
ロールに巻かれた布部分がクルクルと下がり、洗濯物を覆ってくれます。
正面だけでなく、側面も同じ原理で雨を防いでくれます。

ストッパーが外れる原理は自宅WiFi経由で留め金を外すだけ。
あとはロール(芯)の重みで重力に従い、降りていきます。

そのため、巻き戻しはできませんが(笑)、
緊急時の「雨よけ」だけなので機能はこれで十分。

洗濯物を干さない時は「オープン度50%」で部屋への遮光に使い、
室温の上昇を防ぎ、帰った時の蒸せるような暑さを軽減します。

こんな商品はいかがでしょう?

夕方の雷雨を気にして炎天下でも外に干せないのは残念ですよね。
仕事で夜しか帰れれない方も多いので「雨よけ機能」があると
とても嬉しいと思います。

★アイデアコンセプト★『 緊急時対応は購入動機の影響大 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議