みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第3178号 【 トイレット・ファン 】あると、ちょっと便利で快適なトイレ空間。

【企画公開日】2016 .7. 15.(金)

高速道路でトイレ休憩のため、サービスエリアに入ります。
休日のサービスエリアは深夜を除き、いつも満車状態。
トイレも同様で、待たないと利用できない時もあります。

そんな時、気になるのが臭い。
まぁ、トイレなので臭って当然ですが、
こんなグッズがあったら、ちょっと便利で快適かもよ!?

▼【 トイレット・ファン 】

直径20cmくらいのファンをトイレの個室に設置します。
このファンは壁面に垂直に設置します。ファンが稼働すると
床から天井へ空気が流れます。これが、「トイレット・ファン」。

「トイレット・ファン」の特徴は、
(1)床から天井へ空気を送るため、
   臭いを素早く天井の換気扇に送ります。
(2)人感知センサーで個室に人が入った時だけ稼働します。
(3)ファンで発生する風により奏でる装置が付いており、
   利用時の気になる音が軽減されます。

いかがでしょうか?

サービスエリアのトイレは大きいため、天井には大型の換気扇が
付いていますが、いくら大きくても吸い込むには限界があります。
それより“臭いの発生源”から空気と一緒に送り出す方が
理にかなっていませんか?

個室にそれぞれ「トイレット・ファン」を設置した方が
臭いが素早く換気されると思います。また、笛のような、
風鈴のような仕組みを利用して音が奏でたら、
多少気になる“音”が軽減されますよね。

さらに応用編で、ファンそのものに「臭い吸着剤」や「芳香剤」を
装着できたら、なお、トイレ内の空気はキレイで臭わなくなると思います。
(まぁ、余計な経費はかかりますが・・・)

「トイレット・ファン」をドア側に設置して、
便座に座っている時に正面に見える位置にしたら、
ユニークな広告ができそう。

風で揺らぐような「生地広告」や風車のように回転したら、
目につきやすく、インパクトのあるユニークな広告ができます。
この広告に地域性が加わったら、なお観光に貢献しそうです。

★アイデアコンセプト★『 不快はアイデアの種 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議