みんなの企画部

2546

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第3168号 【 セカンドカーはカーシェアで 】買取資金でカーシェアの利用。

【企画公開日】2016 .7. 1.(金)

愛知県の片田舎に自宅があります。我が家を含め、多くの家庭では、
車が2台以上あります。夫1台、妻1台が相場。
祖父母が同居していたら、もう一台増えます。

お金があるなしに関係なく、車がないと移動ができないし、
何かと不便なのです。

さて、カーシェアサービスが普及しています。しかし、多くは都心部。
田舎では車の所有率が高いため、まず利用者がいないと想像できます。

そこで、こんな戦略を立てて提案したら、
田舎でも住宅密集地なら出店余地がありそうです。

▼【 セカンドカーはカーシェアで 】

「奥様、2台目はカーシェアで節約いたしませんか?」

通勤や頻繁に使う1台は自宅所有し、時々しか使わない2台目は
カーシェア利用を提案します。そのために・・・

「今所有のセカンドカーを高価買取いたします!
 買取資金の一部をカーシェアの利用料金に当てませんか?」

例えば、軽自動車をカーシェア事業者に下取りしてもらいます。
※通常下取り価格より高い買取ます。
※下取りを利用した人は自動的に会員になれます。

下取り価格を40万円とします。40万円の一部10万円を
カーシェアに当てます。月平均3000円の利用でしたら約3年間、
出費なしで車が利用できます。

カーシェアなので車検も保険も税金もかかりません。
いつでも使える便利さはなくなりますが、
大幅に家計からの支出は減ります。

スケジュールを上手に管理して
買い物や塾の送り迎えくらいなら、
カーシェアで事足りるかもしれません。

いかがでしょう?
こんな戦略で地方にも進出し、「カーシェアで十分じゃん!」と
理解してもらえれば、都会だけのサービスではなくなります。

自動車って、本当にお金がかかります。
自動車がステイタスの時代ではなくなり、
できればない方がいいと思っているオーナーも多いと思います。

実際我が家のワンボックスカーも平日は、
自宅の駐車場でお留守番しています・・・。

★アイデアコンセプト★『 買取で切り開く 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。