みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第3159号  【 SPパラソル 】ビームサーベルのような夜道に役立つ傘。

【企画公開日】2016 .6. 20.(月)

「梅雨入り」宣言の前に折畳み傘を新調しました。
某コンビニの店頭で販売している商品ですが、これがなかなか優れもの!
軽量で自動開閉! 常にカバンに入れていても邪魔になりません。

さて、「折畳み傘」からこんな新ジャンルの商品を考えてみました。
身近な護身用グッズとして受け入れられると市場ができそう。

▼【 SPパラソル 】

一見、折畳み傘。
しかし、ボタン一押しで傘を開くと・・・
(1)傘の「露先」にはLEDが付いていて足元の照明になる
(2)傘の「陣先」では赤いランプが点滅し、360度カメラ搭載
(3)手元には、警報ブザーのボタン付き

つまり、夜間、街灯がない道を歩かなければいけない方向けの
護身用傘です。その名も「SPパラソル」

(1)は足元だけでなく、自分の周囲を照らしてくれるので、
夜間でも存在感を示してくれ、すれ違う車やバイク、自転車からも
身を守ります。

(2)は「警戒中」を印象付けるだけでなく、360度撮影できる
カメラが搭載されていますので、万が一後ろからの接近でも
録画することができます。

(3)は何かトラブルがあった時、瞬時にボタンが押せる位置に
ボタンをつけます。

これは決してバラエティグッズではなく、大真面目な商品です。
街中でも街灯が少なく、暗い道はたくさんあります。
通勤時にバイクを利用していますが、真っ暗な夜道では
路肩を歩いている方に気づかず、ヘッドライトで気づくことがあり、
ヒヤッとします。

自動車のドライブレコーダーが普及しつつありますが、
歩行者用にもあると何かのトラブルの際に役立つのではないでしょうか。
そのためにも「傘」をヒントに護身用の傘を考えてみました。

傘という形状なら向かってくる相手に対しても
防御の姿勢が取りやすく、持ち歩くにも不自然ではありません。
もちろん雨の日も役に立ちますからね。

★アイデアコンセプト★『 自ら身を守る時代 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議