みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第3135号 【 キレイの窓口 】「キレイ」にしたい時は、とりあえずココへ。

【企画公開日】2016 .5. 17.(火)

「◯◯の窓口」とよく耳にします。
「保険」は有名ですね、まさに店舗名に「窓口」がありますから。
さまざまな保険サービスを一箇所で相談できたら、
それはユーザーにとって便利です。

何か困りごとがあったら、自分で最適な業者を探すより、
とりあえず「便利屋さん」に相談した方が楽ですよね。
多少割高でも依頼先を知らなければ、なおさら便利です。

そこで、こんな切り口で「窓口サービス」を作ってはどうでしょう。
あらゆるモノをキレイにします。

▼【 キレイの窓口 】

「ビジネスカバンをキレイにしたい」
「靴をキレイにしたい」
「神棚をキレイにしたい」
「家の外壁をキレイにしたい」
「パソコンのキーボードをキレイにしたい」
「店の看板をキレイにしたい」
「ソーラーパネルをキレイにしたい」

そんな「キレイ」を一つの窓口で請け負うのが、「キレイの窓口」。

基本は顧客からキレイにしたいモノを預かったら、
自社の専門の機器を使ってクリーニングします。

もし、自社でできない品物があれば専門の業者に依頼し、
キレイにしてもらいます。だから仕上がりも信頼性も高いです。

とにかくキレイにしたいモノがあれば「キレイの窓口」に持ち込みます。
自分で専門業者を探して、慣れない依頼をする心配も手間も要りません。

こんな「窓口サービス」って便利じゃないですか?
物のジャンルにこだわらず、どんな物でもキレイしてくれます。

もし、ペットの犬を「キレイ」にしてもらいたい時も、
「キレイの窓口」に相談したら、さまざまな業者を
ピックアップしてくれて、その中から選ぶ利用方法もあります。

まさか「自分の過去をキレイにしたい」という相談にも
応じてくれるとインパクトがあるかも・・・。

専門性の高い企業やサービスがたくさんありますので、
一つの切り口でそれらの窓口を作ったら、面白いと思います。

★アイデアコンセプト★『 窓口ビジネス 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議