みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第3133号 【 アンガーカッター 】私はコレでどれだけ人生を失敗しただろう。。。

【企画公開日】2016 .5. 13.(金)

「言ってはいけないことを言ってしまった・・・」
こんな経験、私には山ほどあります。(汗)
幼少期から一言多く、つい相手を怒らせてしまいます。

日経(2016.05.09夕刊)でこんな記事を読みました。
「怒りは身を守るために備わった感情だから、怒るのは悪いことではない。
ただし反射的に怒らず、怒る必要があるか判断することが大切」
(日本アンガーマネジメント協会 代表理事安藤俊介氏)

そんなことはわかっています。。。反射的に怒ってしまうから困るんです。
しかし、安藤氏いわく、「怒りのピークは6秒」だそうです。
この「6秒」を何とか我慢したらいいそうです。

そこで、こんな商品を考えてみました。
発売されたら、必ず試してみたいです!

▼【 アンガーカッター 】

●メガネのノーズパッドとテンプルにセンサーが付いていて、
脳波が測れるメガネがあります。このメガネを使って
「怒り」の脳波を検出します。

(1)メガネが「怒り」の脳波を検出したら、
   手持ちのスマホに通知されます。
(2)スマホの着信音が鳴ります。
(3)怒り出しそうな瞬間、スマホが鳴り出したので、
   我に帰り、スマホにでます。
(4)すると、スマホからは優しい声で
   怒りを抑えるメッセージがなります。

●怒りが沸点に達する前に一旦注意をそらすために
メガネで検出してスマホで気づかせます。

こんな商品はいかがでしょう。

●怒りは突然やってきます。それを瞬時に止めるには、
スマホの呼び出しがベスト。誰もが持ち歩き、
多くの人が着信音には敏感だからです。

●もし、着信音が鳴らせない時は、バイブで気づかせ、
画面に怒りを抑えるイラストや我が子の笑顔の写真なんて
いかがでしょう。※我が子の写真は予め設定しておきます。

●また、スマホ以外にも腕時計でもいいです。
腕時計がリアルタイムで怒りの度合いを
バイブの強弱で知らせてくれます。

●この方がより客観的に怒りがわかり、
冷静になれるかもしれません。

●報道で「カッとなってやってしまった」という事件を
目にします。電車の中、仕事中、家庭など。

●怒りの背景は人それぞれありますが、
「6秒」を我慢すれば起きなかった過ちは
きっと少なくないと思います。

★アイデアコンセプト★『 数値化 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議