みんなの企画部

2544

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第3124号 【 ドローン集金 】人命第一に考えると、この方法もあり。

【企画公開日】2016 .4. 26.(火)

数年前、Amazonのドローンで配達する動画をみて、
「いやいや、まだまだでしょう」と思っていたら、
もう現実になりつつありますね。(技術の進歩って、すごい!)

そこで、今後さまざまな場面で活用が見込まれるドローンですが、
こんな分野にもいかがでしょう。人命第一を考えると、ありでは?

▼【 ドローン集金 】

●以前、愛知県で深夜営業のラーメン店に売上金を狙った強盗事件がありました。
考えてみると、深夜営業の店はコンビニをはじめ街中にあり、
そこには必ず売上金があります。

●そこで、「ドローン集金」を考えてみました。
まさに「現金輸送ドローン」です。

●輸送中は、常に暗視カメラが作動し、監視センター(警備会社)では
リアルタイムで「現金輸送ドローン」の動きを監視します。
万が一、事件・事故が発生したら、警備車両が現地に急行します。

●「現金輸送ドローン」は、売上金を店舗から回収したら、
最寄りの銀行の屋上に着陸し、現金を預かります。

●「現金輸送ドローン」では、有人の現金輸送より
低コストで集金できるため、一晩に何度も「集金」します。
集金の回数が増えることで輸送する金額が高額にならず、
事故・事件の被害を抑える効果があります。

●また、店舗の売上金が貯まりにくく、
店舗への強盗も少なくなる可能性もあります。

●雨天・強風時でも制御できる技術も開発が進んでいますので、
台風を除き、天候による影響は今後少なくなると思います。

●しかし、この「ドローン集金」の最大のメリットは、
人命を守ること。万が一、「現金輸送ドローン」が
事故・事件にあって現金が盗まれても人命が危険に
さらされることはありません。

●「現金輸送ドローン」の警護用ドローンを
同時に飛ばす方法もあります。

●まだまだ「ドローン」の普及にはハードルがたくさんありますが、
私たちの生活に大きなインパクトを与えるのは間違いないでしょう。

★アイデアコンセプト★『 人命第一 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。