みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第3111号 【 穴閉じシール 】吸湿性ありで蒸れ防止の優れもの?

【企画公開日】2016 .4. 7.(木)

コンビニで惣菜パンを買う。
店員「温めますか?」
私「はい、お願いします」
店員「袋を少し開けさせていただいてもいいですか?」
私「はい、いいですよ」

レンジでチン!

よくあるやりとりですが、いくつかの課題が思いつきました。
そこで、きょうはとても“ミクロなネタ”ですが、
みなさんはどう思いますか?

▼【 穴閉じシール 】

●名古屋駅近くのコンビニで惣菜パンをレンジで温めてもらい、
その足で新幹線に乗りました。

●すると、買い物袋の中の惣菜パンは少し冷えて、
パンは湿気でベタベタになり、開け口が大きかったせいか、
惣菜パンのケチャップが他の商品についていました。

●それで苦情を言うわけではありませんが、
惣菜パンがベトベトだったり、他の商品が汚れるより、
これからも季節、食中毒が心配になります。
また、疑われる可能性もあります。

●そこで、こんな対策を考えてみました。
(1)袋の端を書類に穴を開けるパンチ式の器具で穴を開けます。
(2)レンジで商品を温めた後、その穴をシールで塞ぎます。

●これなら、惣菜パンのソースが飛び出したり、
菌が食品に着くことはありません。

●また、そのシールが袋の中の湿気を吸湿するか、
袋の外に逃がす機能があったら、温め後、少し冷えても
惣菜パンが湿ることはありません。

●さらにシールには、
《開封済み お早めにお召し上がりください》
と書いておきます。これで危機管理もバッチリです!

●食中毒になった時、なかなか発生源を特定するのは
難しいですが、「惣菜パンの袋が開いていたから」と
疑われるよりは、早めの対策が必要かと思います。

★アイデアコンセプト★『 最悪を想定する 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議