みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第3092号 【 家電金庫 】身近に置けるから使い勝手もいい!

【企画公開日】2016 .3. 10.(木)

今、金庫が売れているそうです。

今朝の日経(2016.03.10)では、預金金利がゼロ近くに下がっているを踏まえ、
銀行に預けるより自宅の金庫などにお金をためこむタンス預金が広がっているようです。
実際、ホームセンターでは金庫が売れて、ホームセキュリティー会社へは、
資料請求が増えているそうです。(同記事より)

すごいなぁ〜、ためこむお金があるところが羨ましいが。。。

さて、我が家にも空っぽの金庫がありますが、金庫って自宅での扱いが難しい。
奥に仕舞い込むと出し入れに困るし、見つかったら、そもそも家庭の金庫なって
持ち運べる重さだから一巻の終わり。

そこで、こんな発想はいかがでしょう。
廃家電が金庫に!?

▼【 家電金庫 】

●その名の通り、家電が金庫になります!
・・・という説明では分かりづらいですが、
外側は家電ですが、中身は金庫。

●使わなくなったり、壊れた家電のボディを利用して、
中に金庫を収めて一見すると家電にしか見えない金庫を作ります。

●例えば、空気清浄機。
空気清浄機のボディに収まる金庫を中に内蔵し、
ボディの一部を開閉できるように細工します。

金庫を開ける時は、まずボティの「扉」を開けて、
中の金庫を開けます。

空気清浄機だけでなく、パソコンだったり、大型液晶テレビだったり、
電子レンジや炊飯器など。家庭にあるあらゆる家電が金庫になります。

●この「家電金庫」のメリットは、
(1)「まさか金庫とは思えない」こと。
キッチンに電子レンジ(金庫)は当たり前で違和感はゼロ。
本物の家電(ボディ)を使うから、泥棒も気づきません!

(2)身近に置けるから金庫の出し入れが便利!
盗難を恐れて押入れの置くに入れたら、それこそ出し入れが面倒になり、
いずれ使わなくなります。それこそ、タンスの肥やしになります。

(3)地震や火災の時でもすぐに持ち出せます。
これも身近に置くからできること。

●この「家電金庫」は受注生産でいかがでしょう。
(1)注文者がまず自宅に置きたい「家電」を選びます。
(2)そして中に入れる金庫のサイズを選択します。

●家電サイズにより選べる金庫は限られますが、
まとめて一つの金庫に入れるのはなく、分散すれば、
より盗難へのリスクは減ります。

●いかがでしょう。
あながち冗談とは思えない「金庫」が作れそうじゃないですか?
大事な小物入れとしても使えるかも。

★アイデアコンセプト★『 まさか!がアイデアを生む 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議