みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第3091号 【 転換型「宅配BOX」 】これで街中でも宅配BOXが普及する!?

【企画公開日】2016 .3. 9.(水)

宅配の「再配達」が“社会問題”として取り上げられるほど、
通販が日常生活に普及したのでしょうね。ネットモール各社が
宅配業者と組んで宅配BOXの設置を急いでいます。

私も店舗に行くより圧倒的に通販が多く、
あまりに配達回数が頻繁なので、
最近はコンビニ受け取りがメインです。

それでも店員と“顔なじみ”になりつつあり、
できることなら自宅近くに宅配BOXが欲しいです。

そこで、宅配BOXの普及策として、
こんな発想はいかがでしょう。

▼【 転換型「宅配BOX」 】

●簡単に言うと飲料水の自動販売機を「宅配BOX」に転換します。

●自販機からの転換型「宅配BOX」は、
通常の宅配BOXよりは小さめですが、
賃料の高い駅に大きい宅配BOXをどーんと置くより、
住宅地に隅々に設置する方が利用者も便利だと思います。

●より自宅へ近くなり利用者に便利になると、
荷物の回収頻度も高くなり、回転が早くなります。

●コインロッカーと違い、預かっている時間は収益にならないので、
メールで通知するなどより早く回収してもらうための工夫も生まれます。

●自販機の設置場所は飽和状態ですが、
「宅配BOX」はまだまだこれからです。

●また、「転換型」だけでなく「追加型」も用意します。
自販機の横にスペースがあれば「宅配BOX」を追加で設置しますが、
この「追加型」の特徴は、支払いができること。

●自販機の決済機能を活用し、1万円以内(仮)の支払いが
「宅配BOX」でできます。これは便利ですよね!

●自宅用の「宅配BOX」が数万円で売り出されていますが、
自宅の敷地内にはあまり置きたくありません。

●受け取りに人を介さない方がプライバシーが守られるので、
より気軽に商品を買うことができます。

※余談ですが、荷物を受け取る時に「これ、今売れていますよね」などと、
宅配スタッフが注文の品にコメントをするので、正直やめてほしいです…。

★アイデアコンセプト★『 転換&追加 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議