みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

10市場開拓・商品開発企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , , ,

第3080号 【 一斉点検の3つのメリット 】街中は頭上に“凶器”がいっぱい!

【企画公開日】2016 .2. 23.(火)

今から約1年前(2015年2月)、札幌でビルの側面に設置された鉄製看板が
落下する事故がありました。この事故で女性が意識不明の重体に。

原因はビルと看板の金属製の接合部の腐食。
店側は業者任せと弁明し、業者は目視点検のみで腐食には気づかず。

看板は建築基準法と各自治体の条例で定期点検が決められていますが、
実際は業者任せ! まったく無責任極まりない!!

街中を歩くと頭上には無数の突き出し看板が見えます。
これらのほとんどが点検されていないと思うとぞっとします。

そこで、こんなサービスを考えてみました。
一斉にするメリットは3つあります。

▼【 一斉点検の3つのメリット 】

●ビルが建ち並ぶ「◯◯通り」の片側を1つのグループとして、
一斉点検を行います。点検の実施は自治体の委託業者で、
費用は各看板の持ち主(例:ビルオーナー)が負担します。

●点検を実施する際に「◯◯通り」に面するビルオーナーに
下記の提案をします。
ーーーーーーーーーーー
《突き出し看板の一斉点検のメリット》
(1)一斉に点検するため、クレーン車の手配、
   検査機器及び検査員、通行止めの手続きや
   警備員の手配の費用などが
   一件当たり(看板1つ)低額で抑えられます。
(2)今回の検査で安全が認められた場合、万が一、
   落下等の事故が起きた時は損害保険が適用されます。
(3)看板の掛け替えも依頼があれば同時に実施します。
ーーーーーーーーーーー
※提案を了承したビルの看板のみ点検します。

●いかがでしょう、上記3つの提案があれば、
ビルオーナーにしたら、この機会を逃す方がもったいないです。

●もし、クレーン車や足場を自前で用意するだけでもかなりの費用になり、
点検の際の通行止めなどの手続きや警備員の手配にもあります。

●通行する歩行者や車両にとっても点検が一度に済んだ方がありがたいです。

●看板の管理責任があるとはいえ、
「大丈夫だろう」で見過ごしているのが現状。

●これからの季節、春の突風や夏の台風で看板に大きな負担がかかります。
事故が起きてからでは遅いのです。今すぐにでもできますので、
ぜひ、早めの対策をお願いします。

★アイデアコンセプト★『 まとめればビジネス 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議